サッカーを愛する全てのファンに
2017.02.05 » 10か月 前

[FIFA17] トッテナムで結果を残す韓国の宝ソン・フンミン


欧州で活躍する韓国の至宝ソン・フンミン

HEUNG MIN SON

ドイツのハンブルガーSVでキャリアをスタートさせ、現在はイングランドのトッテナムで活躍する韓国代表FWソン・フンミン。オーバーエイジとしてリオ五輪にも出場するなど代表シーンでの活躍もさることながら、16年9月にはプレミアリーグの月間MVPに選出されるなど、クラブでもそのポテンシャルを発揮している。

サイドでの起用が多いが、積極的にゴールに向かってプレーし、得点を挙げる活躍も見せているこのレフティはFIFA17上でもTOTWに選出されるなど、注目度の高い選手の一人だ。

FIFA17に見る、ソン・フンミンの攻撃におけるマルチな才能

FIFA17-HEUNG-MIN-SON

ソン・フンミンの能力を見ると、アタッカーとしては万能と言っても過言ではないだろう。加速が85、ダッシュスピードは86と速いのはもちろん、83と高く設定されているドリブルでサイドを切り裂くことが可能だろう。フィニッシュの上手さも兼ね備えており、決定力は81、シュート力、ロングシュートがそれぞれ82、86とどんな位置からでも積極的にゴールを狙うことができる。

一方でパスの能力についてはやや低めになっており、特にロングパスは53であることから、味方を使うプレーよりも独力で状況を打開していく選手と言える。展開力には期待しがたい。またディフェンス能力の低さは欠点と言えるかもしれないが、攻撃の選手だと割り切って目をつぶってしまえるなら、その圧倒的な攻撃性能を発揮してくれるだろう。

また、逆足の精度が5であり、両サイドでの起用が可能であることから起用における柔軟性が非常に高くチームからしても助かる選手である。24歳という年齢も魅力であり将来性も望めることから、キャリアモード、FUTでぜひ獲得を検討していただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です