サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.16 » 2か月 前

【W杯南米予選】アルゼンチンが3-0の快勝でコロンビアを下す!


メッシの1G2Aの活躍でアルゼンチンが5位に浮上!

アルゼンチン(ホーム) 3-0 コロンビア

前節、ブラジル相手に大敗し、W杯本戦出場のためには後がないアルゼンチンは、ホームに3位のコロンビアを迎えた。アルゼンチンは試合開始直後は相手の引き気味の守備ブロックに苦戦し、前線でボールが上手く回らなかったが、前半10分に正面約25mでFKを得ると、⑩メッシ(バルセロナ)の放ったシュートがクロスバーの下を叩いてそのままゴールへと吸い込まれた。アルゼンチンは先制後からリズムを掴みだすと、前半23分には右サイドで受けた⑩メッシがドリブルで中へカットイン、左足でクロスを上げると、中でフリーだった⑱ルーカス・プラット(アトレチコ・ミネイロ)がヘディングでゴール右隅に決めて追加点。後半もコロンビアに主導権を渡さないアルゼンチンは、後半39分に⑩メッシが右サイドの高い位置で相手ボールを奪うと、そのままペナルティエリア内へドリブルで進入し、中へ走りこんでいた⑪ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)が落ち着いてゴールへ流し込んで試合を決定づける3点目を決めた。後半ロスタイムにはコロンビアがゴール正面のFKを獲得し、⑩ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード)がシュートを放つも、ポストに嫌われた。3-0で勝利したアルゼンチンは5位に浮上し明るい兆しが見えてきた一方で、コロンビアは6位になり、W杯出場圏外に沈み込んでしまった。

功を急いだコロンビアのはまった落とし穴

前半開始から前線から激しくプレスをかけてボールを奪いに行くアルゼンチンに対し、コロンビアは低めに守備ブロックを作り、選手間の距離をコンパクトに保つことによって、相手のプレーできるスペースを小さくしていた。試合開始直後はコロンビアの策がはまり、相手が上手くボールを運べずにいたのだが、前半10分にメッシのゴールが決まると、徐々にコロンビアの歯車が狂いだしてきた。失点後にコロンビアは早く同点に追いつこうと前線からプレスをかける守備に変更したが、前線と中盤の距離が広くなってしまい、最初の目的であった【相手のプレーできるスペースを小さくする】ことができなくなり、アルゼンチンの選手にフリーでプレーさせる機会を多く与えてしまった。そして為す術がないまま失点を重ね、決定機もないままコロンビアは敗退してしまった。逆に、アルゼンチンは相手の隙を見逃さずに、⑩メッシに多くボールを集め効果的に攻めれたことが勝利に繋がった。

W杯南米予選 12節終了時点の順位表(4位まではW杯本戦出場、5位は大陸間プレーオフに出場)

順位 チーム 勝点 得失
1  ブラジル 27 19
2  ウルグアイ 23 12
3  エクアドル 20 6
4  チリ 20 5
5  アルゼンチン 19 2
6  コロンビア 18 0
7  パラグアイ 15 -6
8  ペルー 14 -2
9  ボリビア 7 -21
10  ベネズエラ 5 -15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です