サッカーを愛する全てのファンに
2016.08.02 » 1年 前

また新たに2選手がバルセロナを去る。新天地での活躍を誓い退団した選手達とは?


バルセロナのこの夏の退団選手は7人目に

リーガ・エスパニョーラの強豪バルセロナからまた新たに2選手が退団することが8月1日、明らかになった。その選手とはDFマルティン・モントージャ選手とMFアレクサンドル・ソング選手。

俊足SBであるモントージャ選手


モントージャ選手はバルセロナの下部組織出身でスピードに大きな魅力を持った右サイドバック。これまでのバルセロナの右サイドバックはダニ・アウヴェスが守り続けたポジション。今夏同選手はユヴェントスに移籍したもののチームは新たなDFの獲得も行っており、変わらず競争は激しいということもあったのか、バレンシアへの移籍が決まった。まだ25歳と若く、需要のあるサイドバックのポジションということを考えるとこの選択は彼にとってプラスに働くのではないだろうか。

ボール奪取に定評のある万能MF・ソング選手


ソング選手はバルセロナ所属以前はアーセナルに所属していたボランチ。パス・ドリブルの能力を備えている上で、その高いボール奪取能力が魅力の選手だ。2012年からバルセロナに所属しているものの、ここ2シーズンはウエストハムへレンタル移籍しており、バルサの中で輝きを放つことはできなかった。移籍先はロシアプレミアリーグのルビン・カザンに決まった。

 

スター選手がひしめくバルセロナ、そこでレギュラーとして活躍することは決して簡単なことではない。惜しくもこのチームで活躍することが叶わなかった選手達も、他のチームであれば十二分以上に力を発揮することができる可能性も高い。上記の2人を合わせて今夏7人がバルセロナを退団したが、その移籍がポジティヴな結果に繋がることを期待するばかりだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です