サッカーを愛する全てのファンに
2017.03.12 » 4か月 前

[ブックメーカー]リーガ・エスパニョーラ第27節、注目のバスクダービー!


リーガ・エスパニョーラも残すところ12試合!

リーガ第26節で、前節の勝利で首位になったバルセロナはセルタと対戦し、24分にセンターサークル付近から⑩メッシがドリブルを仕掛け、相手2人を華麗にかわし、ペナルティエリア外からゴール左隅に蹴りこみ先制に成功すると、40分には⑩のスルーパスをペナルティエリア内で受けた⑪ネイマールがダイレクトでループシュートを放ち、ビューティフルゴールで追加点を決めた。後半にも④ラキティッチと㉓ユムティティのゴールでリードした後に、66分には右サイドでフリーでボールを受けた⑩メッシが、ドリブルで中へ切れ込み、相手2人をかわしてゴール、5-0の快勝でトップの座を守った。

2位に陥落したレアル・マドリードは乾が所属する7位エイバルとの対戦。14分に左サイドからのグラウンダーのクロスを⑨ベンゼマがシュート、一度はキーパーにセーブされるが、ボールが⑨ベンゼマの前に転がりゴールへ押し込み先制。25分には右サイドからのFKを⑩ハメス・ロドリゲスが中に放り込み⑨ベンゼマが右足アウトサイドで合わせ追加点。30分には右サイドからの⑨ベンゼマのクロスを⑩ハメス・ロドリゲスがニアで滑り込みながら足で合わせ、試合を決定づける3点目を決めた。60分にも⑳アセンシオのゴールで1点を追加した。72分にはエイバルの⑪ペーニャが右サイドからのクロスを腰で合わせ1点を返したが、試合はそのまま4-1でレアル・マドリードが勝利した。87分から出場した⑧乾だが、見せ場を作れないまま試合が終わってしまった。

3位のセビージャはアウェーでアラベスと対戦し、先制に成功するものの後半に追いつかれ1-1の引き分けで、優勝戦線から一歩後退してしまった。

4位のアトレティコ・マドリードは⑦グリーズマンの2得点と㉑ガメイロのゴールでバレンシアに3-0で快勝した。

リーガ・エスパニョーラ第27節の対戦オッズは?

liga27th(3月11日12時のbet365のオッズ)

首位を走るバルセロナはアウェーで17位のデポルティーボと対戦し、対戦オッズは前節とチャンピオンズリーグの劇的な勝利によって、バルセロナの勝利が1.22倍とかなり有利になっている。首位を勝ち点1差で追いかけるレアル・マドリードはホームで14位のレアル・ベティスと対戦する。こちらは全試合の中で最も倍率の低い1.12倍でレアル・マドリードの勝利が確実視されている。3位セビージャと4位アトレティコ・マドリードも下位チームとの対戦になり、両チームとも1.50倍以下のオッズとなっており、上位陣は軒並み勝利すると予想されている。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です