サッカーを愛する全てのファンに
2017.03.18 » 5か月 前

[ブックメーカー]リーガ・エスパニョーラ第28節、優勝戦線に生き残りを懸けた戦い!


首位に返り咲いたレアル・マドリード!

リーガ第27節では、戦前の予想とは裏腹に波乱に満ちた戦いが多かった。まずは前節まで首位を走っていたバルセロナはアウェーで、残留争いをしているデポルティーボと対戦した。予想通りにボールを支配しながらゲームを進めるバルセロナだったが、前半40分にコーナーキックのこぼれ球からデポルティーボの⑦ホセルに押し込まれて先制を許す展開となった。後半開始直後に⑨スアレスがクロスのこぼれ球からゴールを決めて同点に追いつくものの、74分にコーナーキックから④ベルガンティニョスに頭で合わされ逆転された。その後は決定機を作りながらも決められず、バルセロナは下位チーム相手に勝ち点を取りこぼし、逆にデポルティーボは残留争いから一歩抜け出す結果となった。

2位のレアル・マドリードは、ホームでベティスと対戦し、24分に先制を許すものの、41分に⑫マルセロのクロスから⑦C・ロナウドが頭で押し込み同点に追いつく。後半に相手の退場などもあり有利になったレアル・マドリードは81分にコーナーキックから④セルヒオ・ラモスが豪快にヘディングで叩き込み逆転に成功する。試合はこのまま2-1で終わり、レアル・マドリードが4試合ぶりに首位に返り咲いた。

5位レアル・ソシエダと7位アスレティック・ビルバオによる注目の【バスクダービー】は、28分にアウェイのビルバオがPKを獲得すると、これを㉒ラウル・ガルシアがゴール右へ決めて先制すると、56分に⑪イニャキ・ウィリアムズが相手のバックパスをかっさらい、キーパーを観て冷静にゴールへ流し込み追加点を決める。試合はそのまま2-0で終わり、レアル・ソシエダはチャンピオンズリーグ出場圏内から遠ざかる痛い敗戦となった。

リーガ・エスパニョーラ第28節の対戦オッズは?

liga28th

(3月18日12時のbet365のオッズ)

首位のレアル・マドリードはアウェイで7位のアスレティック・ビルバオと対戦する。いつもはレアルの勝利オッズは1.50倍以下の試合が多いのだが、レアルが苦手としているビルバオのホームスタジアムのサン・マメスでの対戦とあって、普段よりは勝利オッズが高めになっている。

2位のバルセロナは前節ではデポルティーボ相手に1.22倍と圧倒的な勝利オッズだったのだが、よもやの敗戦を喫してしまった。今節はホームで13位のバレンシアを迎え、バルセロナの勝利オッズは1.12倍とかなり低く、今度こそ勝利は間違いないと言えるだろう。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です