サッカーを愛する全てのファンに
2017.03.23 » 1か月 前

[ブックメーカー]熾烈きわまるW杯南米予選!


予選も残り6試合!本大会出場に向けてリードする国は!?

W杯南米予選もいよいよ残り6試合となった。南米大陸では全部で10ヵ国参加しており、その内の4チームが本大会へ出場し、5位のチームはオセアニアとのプレーオフに回ることになる。

southamerica-odds(3月23日10時のbet365のオッズ)

現在首位のブラジルは、2位のウルグアイとの対戦になり、アウェーにも関わらずブラジルの勝利オッズは2.25倍で有利と見られているのは、ウルグアイ代表のスアレスが累積警告で出場できないことも含まれているだろう。前回対戦では、2-2で引き分けている。

2014年のW杯ではベスト8に入ったコロンビアは現在、本大会出場圏外の6位と苦しんでいる。レアル・マドリードで活躍するハメス・ロドリゲスや、ミランのバッカを擁するものの、ここ5試合では1勝2分2敗と苦戦を強いられている。今節はホームで9位のボリビアと対戦し、コロンビアの勝利オッズは1.16倍と圧倒しているが、もしこの試合を落としてしまえば、本大会には出場できないと言っても過言ではないだろう。

昨年のコパアメリカ優勝・準優勝国の戦い!

現在5位のアルゼンチンは、勝ち点1差を追いかけているチリに勝利すれば、最高3位まで順位が入れ替わる可能性がある。そのアルゼンチンの勝利オッズは1.44倍と低く、前回対戦でもアウェーながら2-1で勝利しており、かなり有利と言えるだろう。しかし、2015年と2016年のコパアメリカの決勝では、PK戦ではあるものの、チリに2大会連続で敗れているのも記憶に新しい。

アルゼンチンはバルセロナで活躍するメッシやマスチェラーノ、パリ・サンジェルマンのディ・マリアやユベントスのイグアインなどの豪華メンバーが勢揃いしている。一方のチリも、マンCのGKブラボやバイエルンのビダル、アーセナルのアレクシス・サンチェスと、アルゼンチンに決して劣らないだけのメンバーが揃っている。

(アルゼンチンvsチリの前回対戦)

この一戦は3月24日の8:30(日本時間)にキックオフされる!

そして、なんと南米予選とヨーロッパ予選の全試合をDAZNで配信されることになっている。いろいろと問題が取り沙汰されているDAZNだが、Jリーグやブンデスリーガ、セリエAのみならず、W杯予選まで配信し、月額1750円(ドコモユーザーは980円)で見ることができ、1ヵ月の無料期間もあるので、まだ加入していないサッカーファンは、ぜひ試してみる価値はあるだろう。

1 件のコメント
  • 360 frontal より:

    360 frontal https://www.youtube.com/watch?v=ny8rUpI_98I ended up very cute and really incredibly great!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です