サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.11 » 4か月 前

上位を争う両チームが激突!ケルンvsドルトムントの結末は?


大迫はフル出場、随所でチャンスメイクも

osako20161210

ケルン所属の大迫勇也はトップ下で先発出場。前線から果敢な守備を見せ何度もボールを奪うシーンが見られた。攻撃面では後半10分にはチーム得点王のモデストに絶妙なスルーパス、後半21分に抜け出し決定機を演出するもいずれも得点には至らなかった。

試合はケルンが前半28分、この日5試合ぶりの先発出場となったルドニェフスのゴールで先制。そのまま逃げ切るかと思われた後半45分、ロイスのゴールでドルトムントが同点に追いつき、勝ち点1を分ける形となった。

一方の香川は厳しい日々が続く

kagawa20161210

ドルトムント所属の香川真司はこの日もベンチ外。怪我の容体もあるとはいえ、このところベンチ入りの叶わない日々が続いている。2010-2011、2011-2012の2シーズン、レヴァンドフスキらと共にドルトムントを連覇に導いた、あの輝きを取り戻す日は来るのだろうか。日本の10番の復活が待たれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です