サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.12 » 9か月 前

今週もブンデスで日本人対決!宇佐美vs酒井高徳


両チーム退場者を出す激しい戦い

前節ようやく今季初勝利を挙げた酒井高徳所属のハンブルガーSVと、このところ徐々に出場時間が増えてきている宇佐美貴史所属のアウグスブルクが対戦した。酒井は先発出場、宇佐美はこの日もベンチスタート。ハンブルガーが前半終了間際に、アウグスブルグが後半21分にそれぞれ退場者を出す荒れたゲームとなった。

宇佐美は4試合連続の途中出場

usami20161211

試合は後半23分、ニコライ・ミュラーのシュートはポストに嫌われるが、そのこぼれ球をコスティッチが押し込みハンブルガーが先制。後半25分、宇佐美が4試合連続の途中出場を果たす。終了間際、宇佐美がボールを奪いカウンターを見せるがシュートまでは至らず。アディショナルタイムにはシュートを放つも相手DFにブロックされ無得点のまま試合終了。ハンブルガーは前節に続き連勝。”天敵”と言われていた相手をを見事に撃破した。ここからの巻き返しを期待したい。

ちなみに宇佐美の出場時間だが、面白いことに後半37分、33分、29分、そして今節の25分と4分ずつ早くなってきている。次節は4分とは言わず、もっと早い時間帯から見たいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です