サッカーを愛する全てのファンに
2016.07.21 » 2年 前

コパリベルタドーレス決勝第1戦:終了間際にホームのインデペンディエンテが追いつき引き分ける


終了間際にアルトゥーロ・ミーナの同点弾でホームのインデペンディエンテが引き分けに持ちこんだ

[コパリベルタドーレス2016決勝第1戦] インデペンディエンテ・デル・バジェ 1-1 アトレティコ・ナシオナル

コパリベルタドーレス決勝第1戦は開始早々からホームのインデペンディエンテの前線からのプレスで、アトレティコ・ナシオナルはリズムを作れずにいたが、36分に㉘オルランド・ベリーオの右足の強烈なシュートで先制し、1-0とリードして前半を折り返した。後半は守備を固めるアトレティコ・ナシオナルに対して攻め手を欠いたインデペンディエンテだが、終盤の87分に③アルトゥーロ・ミーナがフリーキックのこぼれ球を押し込み同点に持ち込んだ。その後はロスタイムを含めてインデペンディエンテの怒涛の攻めを見せたが、そのまま試合終了となった。

インデペンディエンテ・デル・バジェ(青黒)vs アトレティコ・ナシオナル(緑白)

間延びした守備陣の”隙間”を見逃さなかったアトレティコ・ナシオナルの巧さ

4-2-3-1と同じフォーメーションで試合に入った両チームだが、相手の”隙間”を見逃さなかったアトレティコ・ナシオナルが先制ゴールを手に入れた。後ろからボールを繋いで攻めたかったアトレティコ・ナシオナルだが、前半開始からホームのインデペンディエンテの前線からの激しいチェックで、なかなかリズムを作れずにいた。

しかし前半25分を過ぎたあたりからインデペンディエンテのDFラインの押し上げが甘くなり中盤にスペースができるようになると、そこに両ボランチの⑧ジョアン・デイビッドや㉔セバスティアン・ペレスにセンターバックからボールが入るようになり、前を向いてボールを受けられるようになった。これにより、この試合で初めてアトレティコ・ナシオナルにリズムが出始め、36分には後ろからボールを繋ぎ、⑩マクネリー・トーレスの縦パスを㉘オルランド・ベリーオが相手DFを背負いながらパスを受け、2人をかわしながらゴールの右隅に蹴りこんだ。

間延び

中盤が前を向いてボールを受けられるようになると、周りの選手はより良い状態でパスを受ける準備ができる。

ワンチャンスをものにしたインデペンディエンテの勝負強さ

インデペンディエンテは後半開始から全体をコンパクトに保ち、相手中盤にボールが入るたびにプレッシャーをかけて、前を向かせないように修正したものの、リードしているアトレティコ・ナシオナルは守備を固めており、なかなか攻撃の糸口が見つからずに、ただいたずらに時間が過ぎていった。しかし、87分にゴール正面約35mの場所でフリーキックを得ると、⑩フニオール・ソルノーサが味方に合わせたボールが競り合いの中からキーパーがこぼしてしまい、③アルトゥーロ・ミーナが右足で押し込み同点に追いついた。

南米一を決める闘いはどのような結末になるのか、来週の第2戦が待ちきれない

第2戦

7月27日19:45K/O(日本時間7月28日09:45K/O)@エスタディオ・アタナシオ・ヒラルド(コロンビア)

 

1 件のコメント
  • The pair were my very own to begin Six twos with Smart Balance Wheel http://www.fashionhoverboard.com excluding our 4 couples for flip-flops. I purchased him or her Two years backwards in addition to this legs have started A couple lengths and widths and however physically fit given that the extention yet still keep up his or her design. I just absolutey Really enjoy it!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です