サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.29 » 5か月 前

誰も止められない!10戦10発のASローマFWエディン・ジェコ、得点ランク首位の決定力はバティストゥータ級か


バティストゥータと比較されるに相応しい

現在、セリアA首位を走っている5連覇中の王者ユヴェントス。今シーズン、ナポリから移籍したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインを加え、10戦で21得点と6連覇に向け盤石の体制。しかし、そんな王者ユヴェントスを脅かす存在が2位のASローマだ。勝ち点差2で2位につけているローマは、ユヴェントスをも凌ぐ得点力を誇り、現在10戦で26得点。1試合で3点近く叩き出す攻撃力は異常と言えよう。

edin-dzeko-as-roma

そんな攻撃陣を牽引しているのが、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコだ。同選手はここまで10戦10発と爆発しており、得点ランキングも首位。既に昨季決めた8得点を上回っており、かつてローマでのスクデット獲得経験を持つアベル・バルボ氏もこの活躍を絶賛。「今の彼はバティストゥータと比較されるに相応しい」と、ローマにスクデットをもたらした伝説的なストライカー“ガブリエル・バティストゥータ”と遜色ない活躍だとし、今のジェコを高く評価した。

10戦10発の大器“エディン・ジェコ”

10戦10発と大当たり中のFWエディン・ジェコは、ボスニア・ヘルツェゴビナの代表選手。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の最多得点記録保持者であり、主将も務める。VfLヴォルフスブルクやマンチェスター・シティなどドイツとイングランドの2つのリーグで計3度の優勝を経験し、VfLヴォルフスブルク所属時代にはブンデスリーガで得点王にも輝いたことのある実力者。
そんな同選手の活躍もあり、首位ユヴェントスに迫っているASローマ。王者ユヴェントスの6連覇を阻止し、2000-01シーズン以来のスクデット獲得となるか、期待が高まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です