サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.04 » 10か月 前

岡田武史オーナーのFC今治、JFL昇格!


昨季は全国地域サッカーリーグ決勝大会で敗退、今季見事に雪辱

元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務める、愛媛県今治市をホームタウンに持つFC今治がJFL昇格を果たした。「10年でJ1」を目標に掲げているが、まずは2年でJFL昇格を成し遂げた。JFL昇格が決定した後も最終戦に勝利し、全国地域サッカーチャンピオンズリーグを優勝で締めくくったことを岡田オーナーも高く評価した。昨シーズンは四国リーグは優勝したものの、全国地域サッカーリーグ決勝大会で敗れJFL昇格を逃している。その悔しさを今年に生かしてくれたともコメントした。

元日本代表選手の加入でも話題に

FC今治といえば昨年話題になった出来事があった。それは元日本代表の市川大祐、山田卓也が加入したことだ。特に市川大祐は、岡田オーナーとは98年フランスW杯直前にメンバーから外されてしまった因縁があったことで大きな話題となった。国際経験も豊富なベテラン選手が若手選手へ与えた影響は大きかった。岡田オーナーの”采配”はここでも的中したと言える。

次なる目標はJ3。Jリーグクラブライセンス取得のため、今治市に15000人収容のサッカースタジアムを建設することも発表された。当初は地元住民からも夢のまた夢だと言われていた「10年でJ1」という目標も、いよいよ現実味を帯びてきた。日本代表をW杯ベスト16に導いた名将が、「岡田メソッド」により生まれ変わったチームをトップリーグに導く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です