サッカーを愛する全てのファンに
2016.07.14 » 2年 前

サッカーFIFAランクが更新、1位は変わらずアルゼンチン。日本はアジア4位に転落…


FIFAランク、コパ・アメリカ準優勝のアルゼンチンは1位のまま。

コパ・アメリカ、EURO2016という大きな大会が終わったこのタイミングでFIFAランキングが更新されました。前回1位のアルゼンチンはコパ・アメリカで準優勝の結果を残し、変わらず1位・同大会優勝のチリも変わらず5位のままでした。

一方、EURO2016を制したポルトガルは順位を二つ上げて6位となりました。また、決勝に進んだフランスも17位から7位と大幅に順位を上げています。また、EUROでベスト4と躍進したウェールズも26位から11位へと順位を上げてきました。今後の南米・欧州のサッカー勢力図から目を離せません。

最新FIFAランク1~20位はこちら

  1. アルゼンチン
  2. ベルギー
  3. コロンビア
  4. ドイツ
  5. チリ
  6. ポルトガル
  7. フランス
  8. スペイン
  9. ブラジル
  10. イタリア
  11. ウェールズ
  12. ウルグアイ
  13. イングランド
  14. メキシコ
  15. クロアチア
  16. ポーランド
  17. エクアドル
  18. スイス
  19. トルコ
  20. ハンガリー

日本は57位に転落、アジア4位に

日本は前回の53位から4つ順位を落として57位となりました。この結果順位を上げたウズベキスタンの57位を下回り、アジア4位の順位となってしまいました(ちなみにアジア最高位は39位のイラン)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です