サッカーを愛する全てのファンに
2017.01.04 » 7か月 前

[FIFA17]ユヴェントスの最強CBが一人アンドレア・バルザッリの能力値は?


ユヴェントス・イタリアを支えるアンドレア・バルザッリ

during the Serie A match between Juventus and Atalanta BC at Juventus Arena on May 5, 2014 in Turin, Italy.

ユヴェントス、そしてイタリアといえばその守備の硬さが何よりの特徴。イタリアの現在の守備力の高さはユヴェントスの3バック、キエッリーニ・ボヌッチ・バルザッリがそのままにイタリアの最終ラインを構築することに起因する。今回注目するバルザッリもその守備能力の高さは世界屈指の域にあると言って良い。

現在35歳とベテランの域にあるバルザッリだが、その対人守備・空中戦の力強さはさすがというほかない。FIFA17での能力値をチェックしてみよう。

アンドレア・バルザッリのFIFA17能力値

fifa17-andrea-barzagli

キエッリーニ、ボヌッチよりは低めの総合値86となっているものの、ディフェンス能力の高さはさすが。ヘディング精度76は思ったより低いものの、インターセプト能力やタックルの能力はすべて90を超えており、長いキャリアに裏打ちされた確かな守備能力が数字に表れている。フィジカルはパワーが87あるため決して問題はない一方で、スタミナが66と低めのためフィジカルステータス全体では79とやや標準的な数値に落ち着いている。スタミナのなさはCBとしてはそれほど問題にならないかもしれないが、一応頭に入れておこう。

スピードは標準以上、パス精度には不安か

現代サッカーにおいては相手FWの抜け出しに対応出来るスピードもCBには求められる。その意味でバルザッリはスピード74と標準以上のスピードを持っており、決して足を引っ張るようなことはない。一方で最終ラインからの組み立てをする上で求められるパス能力はショートパス・ロングパスともに65、それほど高い数字ではない。正確なロングフィードを期待できる数字ではないため、ゲーム中ではパスで無理をすることは避けたいところだ。

シュート能力も当然高くはない、職人気質のCBと言っても良いバルザッリ、しかし187cmの身長と守備能力を考えても非常に頼りになるDFだ。今後は年齢歴に能力は上昇傾向よりは下降傾向に向かう可能性が高いものの、核となるステータスは今しばらく健在であることだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です