サッカーを愛する全てのファンに
2017.04.03 » 9か月 前

[FIFA17]キャリアモードで獲得したいGKを世代別で紹介!


FIFA17キャリアモードで鍵になるGKは?

キャリアモードでは長いシーズンを戦うため、安定した戦いを続けるには優秀なGKが重要となる。その中で今回は世代を分けて3選手を紹介したいと思う。

ジョーダン・ピックフォード

jordan

まず若手GKの中で紹介するのは、サンダーランドの生え抜きで今シーズンから守護神を務めている23歳のジョーダン・ピックフォードだ。世代別のイングランド代表としてU-16から継続的にプレーしてきたが、2016年10月にはA代表にも選出され、その才能にはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルといった強豪も興味を示している。

185cmとGKの中では平均的な体格だが、反射神経の良さを武器にビッグセーブを連発しており、その左足から繰り出される精度の高いキックも魅力となっている。総合値は76と高くはないが、85というキック精度と将来性を考えて獲得するのがおすすめだ。

ヤン・ゾマー

次に中堅のGKとして紹介するのは、ボルシアMGの守護神を務める28歳、ヤン・ゾマーだ。

ブンデスリーガの中では小柄な部類に入る183cmという体格ながら、ずば抜けた反射神経でダイナミックなセービングを披露している。ステータスとしては総合力の高さが光っており、キックも83とパスも繋げる現代型GKだと言える。総合値は83と既にトップクラスの選手であり、将来的な成長は見込めないが長期に渡ってゴールを任せられる選手だ。

ジエゴ・アウベス

最後にベテランGKとして紹介するのは、31歳でバレンシアの正GKとして活躍するジエゴ・アウベスだ。世界的に有名なPKストッパーで、リーガ・エスパニョーラの通算PKセーブ記録を持っている。

もちろんステータスにも反映されており、ダイビングが88、反射神経は87となっている。187cmという長身に加え、クロス予測の特性が付いており、ハイボールの処理にも強い。総合値は83と間違いなく即戦力となれる選手であり、ベテランとはいえ3シーズン前後は活躍を期待できるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です