サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.25 » 7か月 前

[FIFA17]ディフェンスを極めし者は試合を制す!守備コマンドを徹底解説


囲い込み 「 ×ボタン(長押し) 」

囲い込みは「 ×ボタン(長押し) 」で実行。ボールを持っている相手選手に対し、スペースを潰しながら囲い込むコマンド。タックルもスライディングもある程度接近して行わないと失敗する恐れがあるので、「 ×ボタン(長押し) 」で囲い込みつつ、接近してからタックルやスライディングで奪うと効果的だろう。

チームメイト囲い込み 「 R1ボタン(長押し) 」

チームメイト囲い込みは「 R1ボタン(長押し) 」で実行。チームメイトと複数人で囲い込むことによって、相手の選択肢を減らすことができ、ボールを奪う確率も上がる。但し、そこを突破されると人数的に不利になる危険性もあるので、乱発は禁物だ。一気にボールを奪いに行く、という場面で活用しよう。

ランニングスライド 「 L2ボタン + R2ボタン(長押し) 」

ランニングスライドは「 L2ボタン + R2ボタン(長押し) 」で実行。「 L2ボタン(長押し) 」は重心を低くしてディフェンスを行うことで、より細かい動きで相手をマークすることが可能だが、素早い動きはできない。そこで、ダッシュコマンドと合わせて行うことで、より威力高いディフェンスを行うことができる。

素早く起き上がる(スライディング後) 「 □ボタン 」

素早く起き上がる(スライディング後)は「 □ボタン 」で実行。一度スライディングを行うと立ち上がるまでに時間がかかり、決定機に結び付く危険性がある。そこで、スライディング後にもう一度「 □ボタン 」を実行し素早く立ち上がることで、そのリスクを軽減することが可能。

※ディフェンスの基本方針

FIFA17でのディフェンスコマンドをご紹介してきたが、これらを試合中に使い分けておくことが重要。特に、守備に慣れていない時にありがちなのがボール・人を追いかけてむやみやたらに動き回るプレー。むやみに動くとそれだけ相手にスペースを与えることになりむしろ失点リスクが高まる。ボールをカットしたいという気持ちを抑えて、じっくりと守りを固めるようにしよう。

また中央でボールを奪われると相手に多くの攻撃の選択肢を与えることになる。自分が攻撃中も、例えばGKからのロングフィードやドリブルの仕掛けはリスクの少ないサイドを中心にするということも大事だ。相手の攻撃をサイドにサイドに追いやるように意識しておくだけでもだいぶ失点リスクは軽減されるだろう。

1 2 3
1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です