サッカーを愛する全てのファンに
2017.01.23 » 5か月 前

[FIFA17]トッテナムの期待の新星デレ・アリの伸び代は?


1996年生まれの若き期待の星デレ・アリ

Dele-Alli

トッテナム所属の攻撃的MFデレ・アリはイングランド生まれのプレーヤー、1996年生まれとまだまだ発展途上にありながらその能力の高さは非常に高く評価されており、将来性どころか現在でもしっかりと出場機会をつかんでいる。

2015-16シーズンには多くのサッカーファンを驚かせた圧巻のスーパーボレーを決めたデレ・アリ、若手選手の多いトッテナムの中でもひときわ輝くその才能はFIFA17上ではどのように評価されているのだろうか?

デレ・アリのゴールは芸術レベル。トッテナムの若き天才はイングランドの至宝 | Fantasista11デレ・アリのゴールは芸術レベル。トッテナムの若き天才はイングランドの至宝 | Fantasista11

FIFA17でのデレ・アリの評価は?

dele-alli

総合値80を数えるデレ・アリ、まだ実績が少ないという点もあり評価はまずまずといったところか。飛び抜けたステータスはないものの、ディフェンス・フィジカルを含めすべてのパラメータで非常にバランスが良い。攻撃面で重要視されるパスやドリブル、シュートはどれも75付近、チャンスメイクの役割も求められる中ショートパス83は十分な数値と言って良いだろう。

シュートステータスの内訳を見ても全体的に安定して高く、どこからでもゴールを狙える得点能力・決定力を有している。2015-16シーズンは10得点をマーク、2016-17シーズンも17試合を終えたところで10ゴールとそのゴールゲッターとしての才能はさらに伸びてきている。今後どういったタイプの選手に成長していくかはまだ未知数だが、FIFA18以降でさらに攻撃面でのレーティングが上がることは間違い無いだろう。

フィジカルの評価も高い

トッテナムは現行ではチーム全体での積極的なプレッシングを志向しており、当然デレ・アリにもその動きが求められる。スタミナ88、積極性87はそういったチーム方針に沿ったプレーをできているという証でもあり、パワー70という数値もフィジカルコンタクトの激しいプレミアリーグの中で当たり負けを簡単にはしない体の強さを示している。ディフェンス61という前線の選手にしては高い数値を考えても、長年にわたって活躍するプレーヤーの素地を持っているとみて良いだろう。

すでにプレーの質はかなり高く、結果も残しているデレ・アリ。足元のテクニックがさらに評価されればスキルムーブなどの評価もさらに上がることだろう。ワールドクラスの選手になりうる可能性を大いに秘めているデレ・アリの今後の成長に要期待だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です