サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.01 » 2か月 前

[FIFA17] リヴァプールの男前MFエムレ・カンのユーティリティな能力値!


CBでもプレー可能なユーティリティプレーヤー「エムレ・カン」

emre-can

1994年生まれのドイツ代表プレーヤーであるエムレ・カンは2016-17シーズン序盤を快調に滑り出したリヴァプールのMFだ。守備的MFが本来のポジションとは言われているものの、CBも務めることができる守備能力の高さを持っている。

流動的なクロップサッカーの中では中盤の中央でプレーすることが多く、前線への飛び出しも目立ちゴールシーンにも絡んでいる。高さとフィジカルに秀でたその強みは攻守ともに冴え渡るっており、今後の成長にも期待の逸材だ。

そんなエムレ・カンのFIFA17能力値は一体どうなっているのだろうか?

エムレ・カンのFIFA17能力値

emre-can

守備的MFとして頭角を現したこともあり強みはディフェンス・フィジカルにあるエムレ・カン。スタミナも十分にあり、相手の攻撃の芽を摘む動きは大きな脅威となっている。

展開力・推進力も標準以上

ショートパス・ロングパスもともに80を超えており、展開力も申し分ない。視野も80あり、ボールを奪ってからの展開にも心配はいらない。ドリブルも78と低くはないため、前へとボールを運ぶ推進力・ボールキープにも問題ない。クロップサッカーにおいて求められる献身的な動き・豊富な運動量、そして細かいゲームの組み立てにも参加できる足元のテクニックを持っている選手だ。

シュート力の向上は課題か

一方で、シュート力にはやや課題が見られる。CBも務めることのできる選手だが、攻撃的センスを考えるとより前のポジションで起用されることも今後は増えていくだろう。その場合この決定力・ロングシュートの低さなどは足かせになりうる。とはいえ2016-17シーズンはその積極的な飛び出しからのゴールもマークしており、このステータスにおける能力の向上も今後は期待できるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です