サッカーを愛する全てのファンに
2017.03.24 » 4か月 前

[FIFA17]アルゼンチンの新たなスター候補ロ・チェルソの能力は?


「ニュー・ディ・マリア」と呼ばれるロ・チェルソ

GIOVANI LO CELSO

母国アルゼンチンのCAロサリオから2016年夏にパリ・サンジェルマンに加入し、今冬にレンタル移籍から復帰したロ・チェルソ。移籍時にはマンチェスターの2クラブも興味を示していた逸材で、パリでは公式戦デビューには至ってないが、新たにチームメイトとなったディ・マリアの後継者と目されている選手だ。

20歳という若さながらボールタッチの柔らかいドリブルと左足から繰り出される意外性のあるパスで次々とチャンスを演出してきたプレーメーカーのFIFA17での能力を見ていきたい。

FIFA17でのロ・チェルソの能力

FIFA17-GIOVANI LO CELSO

ロ・チェルソの能力を見ると、チャンスを創り出すために必要なステータスが平均的に高いことがわかる。スピードやドリブルについてはリアクションを除けば70を超えており、80に近い値となっていることから、自分で状況を打開していくこともできるだろう。

もちろん、プレーメーカーとして最も求められるパス能力も備えており、視野は80、ショートパス、ロングパスがそれぞれ78、73となっている。この中で特筆すべきはFK精度の73で、将来性を考えれば世界屈指のプレスキッカーとなっていくことが予想できる。ディ・マリア2性と言われているが足元のテクニックはまだまだ及ばずスキルムーブは☆3、ただし逆足が☆3であることを見ると、右足の扱いで言えば上かも?

一方でゴールを奪う能力には課題が残る。決定力は55、シュート力は58と著しく低く、あくまでラストパスを出す選手だということだろうか。しかし、20歳という年齢を踏まえるとそういった欠点も改善される余地はある。レフティであることも魅力と言えるため、長期に渡ってプレーメーカーとして活躍してくれる選手を探している場合はぜひ獲得を検討していただきたい。もちろん、その中でゴールゲッターとしての才能雨が開会sていく可能性も十分に考えられる。今後の成長に期待したいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です