サッカーを愛する全てのファンに
2017.04.06 » 3か月 前

[FIFA17]空中戦からゴールを量産するイスラム・スリマニ


岡崎慎司とポジションを争うイスラム・スリマニ

Islam Slimani

2016年夏にレスター・シティに加入し、今シーズンは日本代表の岡崎慎司とポジションを争っているイスラム・スリマニ。188cmという長身を武器に前所属クラブのスポルディング・リスボンだけでなく、アルジェリア代表としてもゴールを量産している。空中戦の強さという圧倒的なストロングポイントを持つスリマニのFIFA17での能力を見ていこう。

FIFA17でのイスラム・スリマニの能力

fifa17-Islam Slimani

スリマニの能力を見ると、ステータスにも空中戦の強さが表れているのがわかる。ヘディング精度が92、ジャンプが87、さらにはポジショニングが87と高く、味方からのクロスに対して正しいポジショニングを取り、打点の高いヘディングでゴールを奪っているのがわかる。

パワーが86と高く、ターゲットFWの特性が付いていることから前線でボールをキープして時間を作れる選手だと言える。さらに意外なことにスタミナが91という驚異の値を取っており、大柄な選手ながら攻守で運動量を発揮できるだろう。

一方で、弱点として挙げられるのは俊敏性に欠けることだろう。ダッシュスピードは76と悪くないが、加速が69、敏捷性が66と低く、相手DFラインの裏を狙う動きやスペースに走り込んでボールを受けるプレーは不向きだ。ドリブルは74とそこまで低くないが、やはり独力で局面を打開するというよりはペナルティーエリア内でボールを待つタイプの選手だろう。

年齢は28と最盛期にあり、これ以上の成長は望めないが、既に十分な能力を持っている。一芸に秀でた選手であるため、スタメンとしてだけでなく、スーパーサブとしても魅力的であり、キャリアモードではぜひ獲得を検討していただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です