サッカーを愛する全てのファンに
2017.03.24 » 2か月 前

[FIFA17] 21歳にしてレヴァークーゼンのスタメンを張るCBヨナタン・ター


恵まれたフィジカルをを持つヨナタン・ター

JONATHAN TAH

ユリアン・ブラントやケヴィン・フォラントなど多くの次世代タレントを抱えているドイツのレヴァークーゼンで、194cmの恵まれた体格を持ち、守備を支えているのがヨナタン・ターだ。下部組織から7年間育ったハンブルガーSVから2015年に加入して以来、主力としてコンスタントに出場を続けている。

21歳という若さながら既にドイツ代表デビューも飾っており、数年のうちに世界を代表するセンターバックになることが確実視されているターのFIFA17での能力はどうなっているだろうか。

FIFA17でのターの能力

FIFA17-JONATHAN TAH

ターの能力の中で最も高いのは、パワーの91だ。194cmの身長であることも含めると、まともに競り合って勝てる選手はほとんどいないだろう。ディフェンスに関する能力も総じて高く、特にヘディング精度とスタンディングタックルはどちらも84となっており、やはり1対1では圧倒的な強さを誇る。インターセプトも78で低くはなく、体格に似合わずダッシュスピードも78であるため、積極的に前に奪いに行くプレーも得意としている。空中戦の強さは言うまでもないが、守備面だけでなく攻撃時のセットプレーでもゴールを奪う大きな武器となる。

しかし加速力が65と低く、敏捷性も48であることから一瞬のスピードを持つ相手に対しては遅れをとることも考えられる。ボールコントロールが63、ショートパスは73と決して高くはないことも少しネックで、後方からビルドアップをしたい場合は少しフィットしづらい選手かもしれない。しかし逆足が☆4と左足の扱も悪くないため、落ち着いてボールを回せばどんな場面でもボールコントロールが極端に乱れる…ということはないだろう。

21歳という若さながら既にビッグクラブでも即戦力となりえる能力を備えているター。その将来性は計り知れないため、センターバックを探している場合は積極的に獲得を検討していただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です