サッカーを愛する全てのファンに
2017.01.04 » 4か月 前

[FIFA17]ユヴェントスのBBCトリオの一角レオナルド・ボヌッチの能力値は?


屈強CBレオナルド・ボヌッチの能力は?

during the TIM Cup match between FC Internazionale Milano and Juventus FC at Stadio Giuseppe Meazza on March 2, 2016 in Milan, Italy.

ユヴェントス・イタリアでCBとして安定した活躍を見せているレオナルド・ボヌッチ。その高い守備能力はもちろんの事足元の技術も高く、その評価はユヴェントスのCBトリオの中でも高まっている。プレミアリーグで好調を維持するチェルシーなども熱視線を送っているという報道があるなど。現チェルシー監督のアントニオ・コンテ監督がユヴェントスを率いていた際に3バックの中央として起用されていたため、チェルシー遺跡の噂にはコンテ監督のボヌッチへのユーベ時代の高い評価が継続しているとみられる。

そんなユヴェントスを支えるCBボヌッチのFIFA17での能力値は一体どうなっているのだろうか?

レオナルド・ボヌッチのFIFA17能力値

fifa17-leonardo-bonucci

総合値87、加えてディフェンス・フィジカルステータスの高さはさすがの一言。身長190cmの長身に加えてジャンプ85、ヘディング精度は84と空中戦では無理胃の強さを誇り、パワーも85。対人でのフィジカルの強さで相手FWにひけを取ることはまずないと言って良いだろう。

豊富な特性

ボヌッチのステータスで特に注目するべきはその特性の多さ。普段FKを蹴る姿というのはあまり見ることはないが「パワーフリーキック」が付与されている他にも「ロングパスの名手」「パワーヘッダー」と言う非常に強みとなりうる特性も。最終ラインに配置するにあたっても非常に魅力的なロングパス83の数値、そしてヘディング能力と合わせてボヌッチの大きな特長のひとつと言って良いだろう。またチームを統率するCBということもあり「リーダー気質」の特性も。BBCトリオの他二人キエッリーニ、バルザッリに比べると29歳と年齢も若く、今後も変わらずユヴェントスの核となることは間違いないだろう。

スピード・ドリブル・パスの標準以上

軽く上でも触れたようにパス能力はかなり高く、またドリブルも69とまずまず。スピードステータスも70あるため、相手FWに全くついていけない、という場面は少ないだろう。シュートステータスはさすがに高くはないが、シュート力は74とそこそこ高いため、攻撃が手詰まりの場面・シュートで終わりたい場面では思い切って遠目から打たせてみても良いだろう。

ユヴェントスのCBトリオ

[FIFA17]ユヴェントスの最強CBが一人アンドレア・バルザッリの能力値は? | Fantasista11[FIFA17]ユヴェントスの最強CBが一人アンドレア・バルザッリの能力値は? | Fantasista11
[FIFA17] ユヴェントス・イタリアの守備の要キエッリーニ、そのディフェンスは世界トップクラス | Fantasista11[FIFA17] ユヴェントス・イタリアの守備の要キエッリーニ、そのディフェンスは世界トップクラス | Fantasista11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です