サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.20 » 6か月 前

[FIFA17攻略]多彩なパスを活用して切り崩せ!クロスの種類もご紹介


パスから作る“リズム”で試合は大きく変わる

fifa17-pass

試合を有利に運ぶのに重要なことは、ポゼッション率(支配率)を上げること。その為にはボールをキープし続ける必要があるが、個人のドリブルやキープのみで行うのは至難の業。

そこで大事になってくるのが、味方同士のパス交換だ。ボールキープ能力を上げることも勿論重要だが、先に述べた通り、一人でボールをキープするのにも限界がある。しか、味方とのパス交換を行う中でポゼッション率も上がり、また相手DFの裏を取り得点することにも繋がる。そんな大事な「パス」について、多彩な方法をご紹介。

※紹介するコマンドはコントローラー設定「クラシック」の場合。「NEWコントロール」の場合は「〇ボタン」と「□ボタン」が逆設定になることに注意。

ショートパス 「 ×ボタン 」

ショートパスは「 ×ボタン 」で実行。最も基本的なパスになるので、試合中にも頻繁に使うだろう。威力はさほど無いので、短めのパス交換時に使用するのが有効。距離が伸びるにつれ、パスカットの危険が増すので注意が必要だ。また、無理な体勢でのパスは精度が落ちるので、こちらも注意したい。

ドライブグラウンダーパス 「 R1ボタン + ×ボタン 」

ドライブグラウンダーパスは「 R1ボタン + ×ボタン 」で実行。ドライブグラウンダーパスは、強いグラウンダーのパスとなる。通常パスよりカットされにくいが、トラップが大きくなる場合もあるので要注意。パスをスルーしたりコマンドをキャンセルして、相手の裏を突くといいかもしれない。ゴール前に楔のパスを入れる際には非常に重要となってくる。ここからボールプロテクトなどのボール技術を活用して展開しよう。

ヒールフリック 「 L1ボタン + ×ボタン 」

ヒールフリックは「 L1ボタン + ×ボタン 」で実行。ヒールフリックは、かかとで引いたボールをもう一方の足で前に弾き出すコマンド。フェイントをかける意味でテンポを少し変えたい場合や、おしゃれにパスを出したい際には是非活用したい。

フレアパス 「 L2ボタン + ×ボタン 」

フレアパスは「 L2ボタン + ×ボタン 」で実行。通常のパスと比べ、強めのパスになる。中長距離でのパス交換時には、相手にカットされにくく非常に有効。但し威力が上がるので、受け手のトラップが大きくなることに注意したい。

1 2 3
1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です