サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.20 » 1年 前

[FIFA17攻略]多彩なパスを活用して切り崩せ!クロスの種類もご紹介


ロブパス / クロス 「 □ボタン 」

ロブパス / クロスは「 □ボタン 」で実行。浮き球のパスになるので、あまり短い距離では効果が出にくいうえに、ヘディングの競り合いで奪われる危険性もある。中長距離のパスやゴール前へのクロス時に使用するのが効果的。山なりの浮き球で、パススピードは遅め。大きなサイドチェンジをしたい際にも使いたいところだ。

グラウンダーのロブパス 「 R1ボタン + □ボタン 」

グラウンダーのロブパスは「 R1ボタン + □ボタン 」で実行。サイドチェンジやカウンターからワイドにボールを入れたい時などに使うコマンド。通常のロブパスより速いスピードのロブパスを出すことが可能で、カットされにくいのが特徴。
但し、威力が上がる分、長過ぎたりトラップが大きくなって取られないように注意が必要。

ロークロス 「 □ボタン(ダブルタップ) 」

ロークロスは「 □ボタン(ダブルタップ) 」で実行。通常のクロスより低く、素早いクロスを入れることが可能。ニアに飛び込む際や高さで相手チームに劣る場合などに、威力を発揮するクロス。クリアされることも多いが、ゴール前であればコーナーキックになることも多々あるので、積極的に活用したい。

グラウンダークロス 「 □ボタン(トリプルタップ) 」

グラウンダークロスは「 □ボタン(トリプルタップ) 」で実行。ロークロスよりさらに低いクロスで、足元に合わせることを目的としている。ニアに走り込む選手に相手DFが寄せ切れていない場合などに有効。密集地帯ではクリアされる確率が高いので、フリーの選手がいる時に使用したい。

アーリークロス 「 L1ボタン + □ボタン 」

アーリークロスは「 L1ボタン + □ボタン 」で実行。ディフェンスからのカウンター時など、相手DFが戻り切れていない場合など、早めにクロスを入れたい時に使用する。サイドで時間を取っている間にDFが戻り切る可能性もあるので、カウンター時に味方が一人でもペナルティーエリア内にいる場合はアーリークロスを上げるのも効果的だろう。

1 2 3
1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です