サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.20 » 5か月 前

[FIFA17]悪童ぺぺ、DFとしての能力は疑いようもなし


切れ味鋭すぎるタックルが持ち味。FIFA17での悪童ぺぺの能力値は?

pepe

レアル・マドリードのレギュラーCBぺぺは、「足にハサミが付いている」と言われるほどの鋭いボールカットの技術、タックル能力の高さが強みだ。しかしサッカーファンの中ではその「悪辣非道なプレー」で退場する姿の方がより一層印象的かもしれない。最近でこそやや影を潜めたものの、以前は代表選であっても激情からか相手選手に危険なタックルを仕掛けることも度々。

極悪非道な悪童・ペペの凄まじいディフェンステクニックを見よ!! | Fantasista11極悪非道な悪童・ペペの凄まじいディフェンステクニックを見よ!! | Fantasista11

とはいえ、世界最強と称される銀河系軍団レアル・マドリードの守備の要であるその能力は折り紙付き。FIFA17では一体どんな評価を受けているのか、チェックしてみよう。

ぺぺのFIFA17能力値は?

fifa17-pepe

ぺぺの能力値で最も高いのはやはりディフェンスステータスの88。スタンディングタックル89、スライディングラックル90の値はその激しいプレースタイルを表している。特性・スペシャリティにもタックルに関連したものが並んでいる。フィジカルはスタミナにやや不安があるもののパワー84と十分に高水準、さらに積極性は94という凄まじい値を示している。レアルで主にコンビを組むセルヒオ・ラモスに比べると空中戦での強さははやや劣るものの、ともにタックルが上手く激しいディフェンスを持ち味としており、このDFラインの突破は容易ではない。

またCBとしてはスピードも70と標準以上にある。裏抜けを試みる相手FWのスピードについていくことも問題なく、決定的なピンチの数を減らすことに繋がるだろう。

組み立て能力もまずまず高い

パスは56と低い数値だが、視野・クロス等に比べるとショートパス・ロングパスは少し高め。ドリブルに関してももちろん高くはないが、非常にお粗末、というほどでもない。レアルで相方のセルヒオ・ラモスの方がより足元の技術には優れているため、この2人のコンビの場合にはそれぞれの役割を明確にしてボールを奪った後の攻撃を組み立てていきたいところだ。

[FIFA17] 世界最高のCBセルヒオ・ラモス、その鉄壁守備はどんなレーティングに? | Fantasista11[FIFA17] 世界最高のCBセルヒオ・ラモス、その鉄壁守備はどんなレーティングに? | Fantasista11
「悪童」としてのイメージがつきまとうぺぺだが、落ち着いた時のプレーは冷静に相手の攻撃を防ぐ非常に頼りになるDF。自チームとしてFIFA17で起用するう際にはDFラインのリーダー格として活躍することになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です