サッカーを愛する全てのファンに
2017.01.16 » 10か月 前

[FIFA17]世界トップクラスのCBピケ、攻守の技術の高さが目立つ


Team of the Yearにも選出されたピケ

FIFA17-Pique

2016年の年間ベストイレブンにも選出されたバルセロナのジェラール・ピケ、その存在が世界トップクラスのチームであるバルセロナを支えていることは周知の事実だ。バルサのカンテラ出身であるピケ、その対人守備・空中戦の強さは守備だけでなくセットプレーなどでも輝きを放つ。

リーガ・エスパニョーラではレアル・マドリードが公式戦無敗記録を伸ばし続けているが、その快進撃を食い止めるためにもライバル・バルセロナの追撃が期待される。チームの柱でもあるピケのFIFA17での能力値は一体どうなっているのだろうか?

FIFA17でのジェラール・ピケの能力値

FIFA17-GERARD-PIQUÉ

193cmの体格を誇るピケ、空中戦はもちろんお手のものだ。一方でパスやドリブル、シュートといった能力値も標準以上に高く、チーム全体が連動したバルセロナの中で長くレギュラーを務めるだけのテクニックの高さが窺える。

ディフェンス技術の高さ

ピケの守備能力を改めてみると、ディフェンスステータスが86と最も高く、フィジカルは76と意外に低く見える。パワーは83と高いものの世界トップクラスとまではいかないが、守備の技術の高さがここにあらわれていると言って良いだろう。インターセプトは88、相手のボールを奪って一気に前線に向かう場面はよく見ることだろう。

パス精度も高い

CBにも細かいパス交換が求められるチームにおいて、ピケのパスステータスはさすがの高さだ。ショートパス・ロングパスはともに80を超えており、「ロングパスの名手」の特性も持っており、ロングフィードの正確さにも定評がある。スキルムーブはさすがに高くはないもののドリブル・シュートも60以上とCBとしては高い数値、時には前線に駆け上がって攻撃を押し上げる役割も担うことができる。

欠点を挙げるとするならば、スピードに欠ける点か。スピードのあるアタッカーも多い強豪チームのFW相手にはスピードで振り切られる場面も。このステータスに関しては今後伸びしろがあるとは言い難いが、攻守の技術の高さは今後も長きにわたってピケのCBとしての地位を確かなものとするだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です