サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.06 » 12か月 前

W杯アジア最終予選「日本対イラク」、日本代表スタメン11人をFIFA17のレーティングで見てみた


W杯出場を目指す日本代表、FIFA17でみるとこんな感じ

選手名 ポジション 総合値 PAC SHO PAS DRI DEF PHY
岡崎 慎司 ST 77 76 75 65 77 43 74
本田 圭佑 RM 81 76 73 81 82 48 67
清武 弘嗣 CAM 79 69 72 82 79 27 48
原口 元気 RM 75 83 62 67 81 36 45
柏木 陽介 CM 71 69 67 70 72 50 65
長谷部 誠 CDM 75 67 52 74 71 72 71
酒井 高徳 RB 74 76 47 70 72 71 69
酒井 宏樹 RB 73 76 47 66 66 71 71
吉田麻也 CB 73 66 41 48 62 74 74
森重 真人 CB 73 55 58 62 60 74 76
西川 周作 GK 70 74 70 76 69 44 69

2018年ロシアW杯アジア最終予選第3戦、イラクとの戦いにホーム・埼玉スタジアム2002で挑む日本代表。試合へ臨むスターティングメンバー11人が発表された。フォーメーションは4-2-3-1、背番号10の香川真司はこの試合ではスタメンを外れ、トップ下はセビージャ所属の清武弘嗣が務める。海外組が中心ではあるものの、ボランチのポジションに浦和レッズの柏木陽介、CBにはFC東京の森重真人が名を連ねた。

FIFA17にJリーグチームを収録されたということで、レーティングで見た日本代表も観戦の合間にのぞいてみてはいかがだろうか。ロシアW杯を目指すメンバーがどんな評価を受けているのかを見るのもなかなか楽しいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です