サッカーを愛する全てのファンに
2017.10.01 » 3か月 前

[FIFA18攻略]ドリブルスピードはダウン?コマンドとFIFA17との違いをチェック!


FIFA18はFIFA17に比べるとかなりリアルなスピードに?

fifa18-dribble

FIFA18でのドリブルコマンドはFIFA17とほぼ変わらない。唯一変わったのはボディフェイントの大小がなくなり、L1ボタンからR1ボタンになった点。

しかし、全体的なプレースピードがかなりFIFA17より遅くなっているので、ドリブルで相手を交わすのが難しい一方、相手を一歩でも抜くと追いつかれにくいという利点も。ディフェンスが体を寄せてくるタックルもやや弱くなっている印象が強いとの声が多いため、特にサイドではドリブルでの仕掛けが鍵になることは変わらないだろう。

下記のコマンドをチェックして、ぜひドリブルテクニックを磨いていほしい。

 

※紹介するコマンドはコントローラー設定「クラシック」の場合。「NEWコントロール」の場合は「〇ボタン」と「□ボタン」が逆設定になることに注意。

ドリブル

通常のドリブル(方向スティックのみ)は、それほど速いスピードではないため、よく周りを見てパスの出しどころ・スペースを探す際に基本となるドリブルだ。焦らずパスのだしどころを探すときなどに使うだろう。

ダッシュドリブル 「R2ボタン」

ダッシュドリブルはR2ボタンを押しながらスピードに乗ったドリブル。今作ではFIFA17よりもかなりプレースピードが遅く、かなりスピードのある選手でも独走は難しい。特にサイドでの仕掛けはボールを蹴り出すコマンドと合わせて操作する必要がある。

ボールを蹴りだす(右スティック) 「Rスティック フリック1回 or 2回」

ダッシュドリブルと合わせて活用したいのがボールを大きく蹴りだす動き。フリック1回より2回の方がより大きくボールを蹴りだすことが可能で、スペースに大きくボールを蹴りだすことでよりスピードに乗ったドリブルを仕掛けることができる。今作FIFA18だと通常のダッシュドリブルが以前よりもスピードを失っていることもあり、相手をかわした瞬間に一気に蹴り出すことができるかどうかが非常に重要となっている。

フェイスアップドリブル 「 L2ボタン(ホールド) + R2ボタン(ホールド) 」

顔を上げてのドリブルを行うことができ、横に移動・また後ろにバックステップを踏みながらの動きもスムーズとなり相手DFとの間にスペースを作ることが可能だ。相手の裏をとるドリブルがしやすいので、パスサッカーをしていたところからフェイスアップドリブルで一気に仕掛けると思った以上にかわしていけるのでぜひ活用したいところ。

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です