サッカーを愛する全てのファンに
2017.10.01 » 2週 前

[FIFA18攻略]ドリブルスピードはダウン?コマンドとFIFA17との違いをチェック!


ノータッチ・フェイント 「 R1ボタン 」

FIFA18でのコマンド上の変更店の1つ。FIFA17では小さなノータッチ・フェイントと大きなノータッチフェイントがあったが、今作では1つに統一、コマンドもR1となった。特徴は選手との間にスペースを作り、様々なスキルムーブ、フェイント、方向転換を、全てボールに触れることなく行えること。

ただ大きなノータッチフェイントをうまく活用できていたらかなり有効だった前作と違い、今作はかなり弱体化した印象。FIFA17と同じ感覚では使えないだろう。

ボールをプロテクト 「 L1ボタン 」

前作FIFA17より導入のボールをプロテクトする動作、FIFA18でも非常に重要なコマンドだ。今作ではL2ボタンからL1ボタンに変更になっている。L2を押しながらドリブルをすると遅い(プロテクトしながらの)ドリブルとなる。

フィジカルの強い選手だとかなり有効で、例えばマンチェスター・ユナイテッドのルカクなどはポストプレーでかなりの強さを見せるが、そのポストプレーの場面ではこのボールプロテクトが非常に重要となる。

マニュアルプロテクト  「 L1ボタン + L2ボタン 」

マニュアルプロテクトは「 L1ボタン + L2ボタン 」で実行。「 L2ボタン 」で実行するボールをプロテクトと同様の動きだが、ボールと相手の体の間に自身の体を入れるだけでなく、ボールを中心として円状に動くことができる。より幅広くプロテクトが可能となるが、その分リスクも高まるので注意が必要。

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です