サッカーを愛する全てのファンに
2017.10.01 » 3か月 前

[FIFA18攻略]ドリブルスピードはダウン?コマンドとFIFA17との違いをチェック!


味方を走らせる 「 L1ボタン(タップ) 」

近くの味方選手を走らせる場合がL1ボタンをタップ。自身がドリブルするスペースを作りたいとき、またワンツーなどで相手の裏に味方を走らせたいときなどに活用したい。相手DFを惑わせる、ずらすためにも有効なので、パスの出しどころがないときなどに使おう。

味方を呼ぶ 「 R1ボタン(タップ) 」

味方を呼ぶは「 R1ボタン(タップ) 」で実行。FIFA17から導入されたコマンドだが、パスの受け手を求めているときに使いたい。前線からプレスをかけてこられるときには味方を走らせる・味方を呼ぶ、それぞれ活用してかわしたい。

パスをスルーする 「 R1ボタン(長押し) 」

パスをスルーするは「 R1ボタン(長押し) 」で実行。外のスペースが空いている時や、フリーの選手のパスコースに入ってしまった時などに使用する。ただパスはかなりの距離流れるので、失敗して相手に奪われるケースも多々ある。慎重に判断しよう。

トラップキャンセル 「 L2ボタン + R2ボタン 」

トラップキャンセルは「L2ボタン + R2ボタン 」で実行。素早い判断が求められる試合中では、ボールを受ける前にコマンドを入力していることが多々ある。だが、持った瞬間に違う展開になることもしばしばあるので、コマンドのキャンセルができると非常に有難い。また、外に出そうなボールを取ろうと自動で走っている選手に対してこの操作を行うと止めることができるので、思いの外重宝するコマンドだろう。また、このままL2+R2ホールドを行うことでフェイスアップドリブルもに移行することができる。

ボディフェイント(左右) 「 右スティック ⬅︎ / ➡︎ (フリック) 」

ボディフェイント(左右)は「 右スティック ⬅︎ / ➡︎ (フリック) 」で実行。ノータッチ・フェイント同様、ボールに触れることなく体の揺さぶりによって、相手にフェイントを掛ける方法。左右に体を振るので、どちらに動いてくるのかDFに的を絞らさせない効果がある。FIFA18では相手をかわして中に切れ込む際などに非常に有効。ドリブルでかわす動きにスピード以外のものが求められる中、このボディフェイントをどれくらい上手に活用できるかが鍵になりそうだ。

 

ここまで、FIFA18のドリブル・キープコマンドについてチェックしてきた。ぜひスキルムーブと合わせ実戦を中心に練習を重ねていこう。

 

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です