サッカーを愛する全てのファンに
2017.10.01 » 2週 前

[FIFA18攻略]シュートが入りやすくなった?FIFA17との使用感の違いをチェック!


低弾道シュート 「 ◯ボタン + ◯ボタン(タップ) 」

低弾道シュートは新コマンドであり、「 ◯ボタン + ◯ボタン(タップ) 」で実行。GKとの1対1の場面で威力を発揮する。通常シュートもしくは高精度シュートはGKとの距離がある程度離れている場合には有効な手段になるが、距離が近付くにつれ浮いたシュートはGKに阻まれてしまう。そんな時に威力を発揮するのが、低弾道シュート。GKと1対1の場面ができ、ある程度距離も詰まっている状態からGKの脇下を冷静に抜きたいところ。

FIFA17ではかなりGKと近い場面で使うシュートという印象が強かったが、FIFA18では遠目からでも入りやすい。ファーサイドを狙ったグラウンダーのミドルが決まると非常にリアルかつ気持ちいいので、ぜひ積極的に打ってみてほしい。

フレアシュート 「 L2ボタン + ◯ボタン 」

フレアシュートは「 L2ボタン + ◯ボタン 」で実行できる、アウト回転をかけたシュートのこと。ミドルレンジから打つ際は、ゴールの中心から四隅に曲がっていくように蹴るとGKは止められない。所謂ブレ球、無回転シュートを蹴ることが可能で、シュート精度の高いプレイヤーで前のスペースが空いている際に打つことで、決まる可能性が高まるシュート。かなり目前にスペースが開いた状態で距離がある場合に打ってみると意外と入るので狙ってみてほしい。

使う場面としてはSBが持ち上がってきて中に切れ込んだ時に、あまりDFがついてこない場面など。ダニエウ・アウベスのように一定以上のシュート力がある選手なら十分に決まる。

ループシュート 「 L1ボタン + ◯ボタン 」

ループシュートは「 L1ボタン + ◯ボタン 」で実行。威力に関してはシュートの中でも断トツに低い。その為使用するタイミングが限られているが、GKが飛び出している場合や、セービングして倒れている場合などで使用すると効果アリ。頭を軽く越す程度で問題ないので、軽くタップするくらいで問題なく使用できるコマンド。

ただ、低弾道シュートがでてきたFIFA17からやや使用頻度は減った印象。GKに弾かれてしまう場面も多いので、あからさまにGKが飛び出してきた時に使う程度になるかも。

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です