サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.11 » 3か月 前

好調5位フランクフルト、長谷部はフル出場


長谷部、抜群の安定感で無失点に貢献

hasebe20161210

昨シーズン残留争いをしていたのが嘘のように、ニコ・コバチ監督のもと今シーズンは上位をキープしている5位フランクフルト。長谷部はリベロとして出場、未だ無敗の4位ホッフェンハイムをホームに迎えた。勝ち点差もなくしのぎを削る両チーム。マイスターシャーレのためにはどちらも落とせない一戦だ。

長谷部は攻撃に絡むシーンこそ少なかったが、終始安定した守備を見せた。しかしフランクフルトは後半82分にチャンドラーが退場。長谷部も抗議をするが実らず数的不利となってしまう。前節のアウグスブルク戦も長谷部はチームメイトをかばい抗議している。その結果イエローカードをもらってはしまったが、日本代表で長く主将を務める彼のキャプテンシーが垣間見えた。その後攻勢に転じたホッフェンハイムだったが結局得点は奪えずスコアレスドロー。ホッフェンハイムはリーグ戦開幕から14戦無敗となった。

例年のようなバイエルン・ミュンヘンの独走はなく、混戦となっている今シーズンのブンデスリーガ。首位を行くライプツィヒが抜け出すか、追いかける王者バイエルンが巻き返しを見せるか。原口の3位ヘルタ、香川の6位ドルトムント、大迫の7位ケルンも十分に首位を狙える位置にいる。近年稀に見る群雄割拠のブンデスリーガから今後も目が離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です