サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.27 » 6か月 前

清水エスパルスDF福村貴幸が小学生に授業!『エスパルスドリーム教室』開催


『エスパルスドリーム教室』で魅力ある授業づくり

26日、J2清水エスパルスの選手とスタッフによる授業『エスパルスドリーム教室』が、静岡市葵区の市立南藁科小学校で開催。これは清水エスパルス、NPO静岡ラーニング・ラボ(静岡大学教育学部)、静岡市の三者が連携して行う協働事業で、地域が協働し静岡版の魅力ある授業づくりを推進して、子どもたちの学習への興味や関心を高めるとともに、心身の健全育成を図ることを目的に実施されている。今回講師を務めたのは清水エスパルスDF福村貴幸選手で、4年生15人に関節と筋肉の大切さを伝えた。

fukumura-takayuki-shimizu-s-pulse-dream-lesson

福村選手は児童の前で、普通の状態でのシュートと膝に固定器具を巻いた状態でのシュートを披露。児童はスロー映像で2つのシュートを見比べ、ボールに勢いがあったのはどちらかを調べた。
また、スタッフは体をスムーズに動かすには関節と筋肉の働きが大切だと説明し、選手の体調を管理するトレーナーの役割も紹介。怪我防止の一環で取り組む体幹トレーニングなども児童に紹介し、選手・スタッフともに児童との交流を深めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です