サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.25 » 10か月 前

ガンバ大阪パトリック、お別れの挨拶?母国ブラジル帰国で治療に専念へ


長期離脱確実のパトリック、今季限りでガンバ大阪退団か


ガンバ大阪のFWパトリックが10月24日、怪我の治療に専念するため母国ブラジルに帰国した。10月13日に負傷したパトリックは、右前十字靭帯損傷および右外側半月板損傷により全治8ヶ月と診断されている。

今季限りで期限付き移籍の契約が満了する同選手、Jリーグでのプレーを望んでいるが、まずはしっかりと怪我を治療してからとなるだろう。

遠藤保仁らとの写真をSNSに

ガンバ大阪で共にプレーしたMF遠藤保仁、また監督としてチームを引っ張った長谷川監督との写真もSNSに掲載したパトリック。2014年から所属したチーム、そしてチームメイトを愛していたことが伝わって来る。

非常にパワフルで魅力的なプレーを見せてきたパトリックを、また日本で見られることを期待しているファンも多い。ぜひまた元気なプレーを見せて欲しいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です