サッカーを愛する全てのファンに
2017.02.06 » 3か月 前

[FIFA17] 才能の片鱗は見せるものの…ガードナーの伸びしろやいかに?


アストン・ヴィラ所属のゲイリー・ガードナー

Gary Gardner

年代別のイングランド代表に名を連ね続けて、10代でアストン・ヴィラのトップチームでプレミアデビューを果たした天才肌のゲームメイカーであるゲイリー・ガードナー、しかしその後は伸び悩み下部ディビジョンにレンタル移籍を繰り返している。今シーズンは久しぶりにアストヴィラに復帰し、降格したチームを昇格させるべくレギュラーで奮闘中である。

ガードナーの選手としての特徴

ガードナーの唯一無二の特徴はその視野の広さにある。

デビュー直後はそのセンスからマイケル・キャリック(現マンチェスター・ユナイテッド)のような選手になると称されていた。ただ、キャリックと比較するとフィジカル面とディフェンス面に難があり、それが災いしてアストヴィラのトップチームに定着出来なかった。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です