サッカーを愛する全てのファンに
2017.01.10 » 11か月 前

高校サッカー決勝、青森山田が悲願の初優勝!


決定機を確実に決めた青森山田が5-0で快勝

Aomoriyamada20170109

第95回全国高校サッカー選手権大会は、1月9日、埼玉スタジアム2002にて決勝戦が行われた。圧倒的な攻撃力とGK廣末陸を中心に堅い守備も見せてきた青森山田高校と、ここまで5試合すべて無失点、首都圏開催以降史上4校目の無失点優勝の期待もかかる群馬代表・前橋育英高校が対戦。どちらが勝利しても初優勝となる。

青森山田はキックオフと同時に、GK廣末以外の全員が相手陣内に攻め上がる奇襲攻撃を見せスタジアムをどよめかせるも、これは失敗に終わる。立ち上がりから攻勢に出たのは前橋育英。攻撃の形を作り積極的にシュートを放つも、廣末のセーブに阻まれ先制点は奪えない。すると耐え凌いだ青森山田は前半23分、抜け出した高橋壱晟が5試合連続のゴール。前橋育英の無失点記録は途絶えてしまう。尚も攻め続ける青森山田は前半アディショナルタイム、嵯峨理久がカウンターから追加点。2-0で前半を折り返す。

後半に入っても攻撃の手を緩めない青森山田。後半12分、鳴海彰人が見事な胸トラップからボレーシュートを決め、更に前橋育英を突き放す。その2分後にもまたしても鳴海がゴールを上げ4-0。このゴールで成海は今大会6ゴール目となり、チームメイトの高橋を抜き得点ランキング単独トップに立った。後半44分には途中出場の佐々木快が鮮やかなミドルシュートを突き刺し5-0、青森山田が悲願の初優勝を果たした。決して内容はスコアほどの差はなく、前橋育英も終始決定機は作れていた。決定力の差が結果に表れてしまったと言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です