サッカーを愛する全てのファンに
2017.01.07 » 7か月 前

高校サッカー、決勝のカードは青森山田vs前橋育英


攻撃だけじゃない!青森山田GK廣末が大活躍

aomoriyamada20170107

1月7日、第95回全国高校サッカー選手権大会準決勝が埼玉スタジアム2002で行われた。第1試合は準々決勝で前回王者・東福岡高校を破った大阪代表・東海大仰星高校と優勝候補筆頭・青森山田高校の一戦。

前半23分、青森山田は三国スティビアエブスが左サイドに流れ、カットインからプロ顔負けの見事なゴールを決めて先制。しかしその3分後、東海大仰星もすぐさま反撃に出る。左からのクロスに松井修二がこちらも見事なダイレクトボレーを見せ同点とした。今大会、青森山田は初めて追いつかれる展開となったが、決して焦ることなく自分たちのサッカーを崩さない。すると前半41分、ロングスローのこぼれ球から高橋壱晟が押し込み再びリードする展開に。後半は東海大仰星が再三に渡ってチャンスを作るが、U-19日本代表にも選出されている青森山田のGK廣末陸がビッグセーブを連発。2-1のまま青森山田が勝利した。

白熱の北関東ダービー!1点を争う好ゲーム

maebashiikuei20170107

第2試合は群馬代表・前橋育英高校と栃木代表・佐野日大高校の一戦。対戦前から”北関東ダービー”と紙面を賑わせた。隣県同士の戦いということもあり、応援に駆けつけた父兄や生徒らからも熱い声援が飛び交った。

試合は立ち上がりから前橋育英が決定機を作り、得点の匂いを漂わせる。迎えた前半30分、前橋育英は高沢颯のコースを突いたシュートで先制。後半に入っても主導権は前橋育英が譲らない。押し込まれる佐野日大は最後まで攻撃の形が作れず試合終了。攻め続けながら追加点は奪えなかったものの、前橋育英が1点を守り切った。

前橋育英はここまでの5試合すべて無失点に抑えている。過去に全試合無失点で優勝したことがあるのは首都圏開催となった1976年以降、77年の帝京高校、86年の東海大一高校、そして99年の市立船橋高校の3校のみ。今大会屈指の攻撃力を誇る青森山田を無失点に抑え、歴史にその名を刻めるか。注目の決勝戦は、1月9日(月・祝)14:05キックオフ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です