サッカーを愛する全てのファンに
2017.01.06 » 9か月 前

高校サッカー、4強が出揃う!王者・東福岡まさかの敗退


前回王者・東福岡、連覇の夢潰える

higashifukuoka20170105

1月5日、第95回全国高校サッカー選手権大会準々決勝が行われた。連覇を狙うディフェンディングチャンピオン東福岡高校は大阪代表・東海大仰星高校と対戦。東福岡は前半からボールを支配し優位に試合を進めるも、得点は奪えずジリジリと時間が過ぎていく。すると後半26分、コーナーキックから東海大仰星に先制を許してしまう。その後は焦りからかパスが思うように繋がらず攻撃が仕掛けられない。そしてついに得点を奪えないまま試合終了を迎えてしまった。ボールポゼッションでは東福岡が圧倒しながらもまさかの敗退となった。

その他の試合では、栃木代表・佐野日大高校が後半アディショナルタイムの劇的な逆転ゴールで東京A代表・駒澤大学高校に2-1で勝利。群馬代表・前橋育英高校は岡崎慎司の母校である兵庫代表・滝川第二高校をPKによる2得点で下した。そして昨年のクラブW杯で世界を沸かせた柴崎岳の母校、青森山田高校が埼玉代表・正智深谷高校を3-1で下し準決勝に駒を進めた。

準決勝、決勝は埼玉スタジアム2002で行われる。まずは7日、東海大仰星と青森山田が、前橋育英と佐野日大が対戦。そしてそれぞれの勝者が9日、優勝を懸け激突する。また、決勝試合前には今大会の応援ソング「それぞれの明日へ」を歌う家入レオさんのライブも行われ、決勝戦に華を添える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です