サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.29 » 3か月 前

Jリーグチャンピオンシップ第1戦 アウェイの浦和が大きな勝利


ホームの鹿島としては痛すぎる敗戦

2016年のJリーグチャンピオンを決めるチャンピオンシップ決勝がカシマスタジアムで行われた。年間勝ち点1位の王者浦和レッズに、準決勝で川崎フロンターレを下した年間勝ち点3位の鹿島アントラーズが下克上を狙う。ハリルホジッチ日本代表監督も視察に訪れる中、前半から両チームとも激しいプレーを見せる。しかし、互いに決定機は作るも決めきることはできずスコアレスで前半を折り返す。

後半10分、浦和は興梠がペナルティエリア内で倒されPKを獲得。阿部が落ち着いて決め、アウェイの浦和が先制した。鹿島は後半30分、負傷明けの柴崎を投入。その直後遠藤康の落としから柴崎がシュートを放つもDFにブロックされ惜しくもサイドネット。その後も鹿島の猛攻が続いたが、最後まで集中を切らさなかった浦和が1点を守り抜いた。

第2戦は12月3日、浦和のホームで行われる。アウェイで勝利し大きく優位に立った浦和。本拠地で歓喜の瞬間を迎えることができるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です