サッカーを愛する全てのファンに
2016.08.31 » 11か月 前

鹿島石井監督続投へ!休養原因について「選手との対立はない」と真っ向否定


鹿島石井監督、5日ぶりの練習復帰!ファンは『石井アントラーズ』の横断幕を掲げる

30日、鹿島アントラーズは茨城・鹿嶋市内で臨時役員会を開催し、心労による体調不良で退任の可能性があった石井正忠監督(49)の続投を承認した。前日の29日に、鈴木満常務取締役強化部長(59)が石井監督と面談。精神不安を訴え、急遽休養に入った時と比べると回復が見られたという。石井監督は5日ぶりに練習場に姿を見せており、第1ステージ優勝監督の退任という“異例”の事態は避けられることになりそうだ。

面談した鈴木常務も、「前と比べれば、落ち着いて表情も明るくなった。(本人も続投に)前向きであり、意欲的だった」と肩を撫で下ろし、「この成績と時期に監督を代えたいフロントはいない」と続投を支持した。

「選手との対立はない」と真っ向否定!

心労の原因について、20日の湘南戦で交代を巡りFW金崎夢生選手との口論が一因との憶測が飛び交っていたが、「(そのことが原因では)ほとんどないです」と石井監督自身断言。鈴木常務も「選手との対立はない」と憶測を否定した。石井監督自身、湘南戦翌日に金崎選手から謝罪を受け入れており「(金崎)夢生とは話をして、整理できている」とも語り、それが原因ではないことを強調した。

「ブチ切れ」金崎夢生は代表落選。ハリルホジッチ監督が「試合での態度」を理由に外したと明言

心労の原因について当初は不明点も多かったが、鈴木常務曰く、「7~8月に公式戦4連敗を喫し、“一体感・結束力が欠如している”と第1ステージ優勝との落差に責任を感じ、“引っ張れていない”と思い詰めていた。“選手をコントロールできない“、“後任監督内定”などの一部報道も引き金になったのではないか」と話す。また、日本代表ハリルホジッチ監督が金崎選手を“代表追放”したことについてはショックを受けている様子で、少なからず心の変調に影響を与えたとみられている。

9月3日の天皇杯2回戦から復帰

石井監督は9月3日の天皇杯2回戦から復帰する予定であり、「皆んな必死に戦っていて刺激になりました。(許されるのであれば)指揮を執りたい」と意欲を口にしているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です