サッカーを愛する全てのファンに
2016.07.19 » 1年 前

王者レスター“守護神”GKカスパー・シュマイケル流出の可能性も…エヴァートンからオファーの噂


カンテに続き、“守護神”も放出となるのか

kasper-schmeichel
YAHOO!ニュースより引用

16日、英紙『デイリーメール』は、プレミアリーグ王者レスター・シティに所属するデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルに対し、同じくプレミアリーグの古豪エヴァートンFCが同選手の獲得に向けて動いていると報じた。同チームは、退団が決まったアメリカ代表GKティム・ハワードの後釜としてシュマイケルの加入を目指しているという。

対するレスターはハノーファーからドイツ代表GKロン=ロベルト・ツィーラーを獲得したばかり。チーム側はシュマイケルの残留を求めており、長期契約を結ぶ意向で交渉を続けている模様。移籍金は2000万ポンド(約27億7000万円)前後に設定していると報じられている。

王者レスター、大きな痛手となるのか…注目が集まる

シュマイケルは2011年からレスターで“守護神”としてチームを支え、2013年にデンマーク代表となった。2015-16シーズンはプレミアリーグ全38試合にフル出場し、36失点という鉄壁の守備能力を示した。チームの砦として堅守を支え、レスターの優勝に大きく貢献した一人。
先日、フランス代表MFエンゴロ・カンテのチェルシー移籍が決定。また、ハノーファーから移籍してきたドイツ代表GKロン=ロベルト・ツィーラーとの“守護神”争いにも期待が寄せられていた同選手だけに、今後の動向に注目が集まるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です