サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.02 » 10か月 前

川崎フロンターレを牽引してきたFW小林悠、負傷で4週間の戦線離脱


左ハムストリング肉離れと診断

2日、J1川崎フロンターレは所属する日本代表FW小林悠の負傷について発表。1日に川崎市内の病院で検査を行い、左ハムストリング肉離れの診断を受けたと説明。同選手は10月29日に行われたJ1リーグ2ndステージ第16節鹿島アントラーズ戦で負傷。復帰までに4週間程度を要する見込みと伝えられている。

kawasaki-frontale-yu-kobayashi-injury

小林は2ndステージ第16節終了時点で日本人トップタイとなる15得点を挙げ、チームの攻撃を牽引してきた。年間順位首位の浦和レッズを勝ち点1差で追う2位川崎フロンターレにとって、最終節を小林抜きで戦うのは大きな痛手となるだろう。
また、川崎フロンターレはチャンピオンシップ出場も既に決めており、11月23日に行われる準決勝も同選手が間に合うのか微妙なところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です