サッカーを愛する全てのファンに
2017.03.04 » 7か月 前

[ブックメーカー]リーガ・エスパニョーラ第26節、首位陥落のレアルはエイバルと対戦!


リーガ25節では首位交代も

リーガ・エスパニョーラ第25節は平日開催で、首位のレアル・マドリードを追いかける2位のバルセロナはメッシとスアレス、ネイマールのゴールなどで、スポルティング・ヒホンに6-1で快勝したが、試合後のコメントで、監督であるルイス・エンリケが今シーズン限りで退任する意向を示した。

首位で迎えたレアル・マドリードは、ホームで13位のラス・パルマスとの対戦で、開始8分に⑯コバチッチのスルーパスから㉒イスコがゴールネットを揺らし先制に成功し、この試合は圧勝すると思われたのだが、その直後にラス・パルマスは、ペナルティエリア外でパスを受けた㉔タナがターンでレアルDF2人をかわしシュート、同点に追いつく。レアルは47分に⑪ベイルを退場で失うと、56分と59分に連続で失点し、2点リードされてしまうが、86分に⑦C・ロナウドがPKに成功し、終了間際の89分には⑩ハメスの右CKから⑦C・ロナウドがヘディングで合わせてゴール。敗戦濃厚と思われたレアルだが、3-3の引き分けで辛くも勝ち点1を手に入れた。この結果から、レアルは1試合少ないものの、バルセロナに首位を明け渡してしまった。

3位のセビージャはアスレティック・ビルバオとの対戦し、1-0で勝利を収め、2位レアル・マドリードとの勝ち点差が1と迫った。

乾が所属するエイバルは、レアル・ソシエダと対戦し、ロスタイムにエイバルの㉑ペドロ・レオンのゴールで追いつき、2-2の引き分けで7位をキープしている。乾貴士は先発で出場したが、後半10分に退いた。

※レアル・マドリード対ラス・パルマスのハイライト

リーガ・エスパニョーラ第26節の対戦オッズは?

la-liga26th

(3月3日17時のbet365のオッズ)

首位のバルセロナはホームで10位のセルタ・デ・ビーゴと対戦し、オッズはバルセロナの勝利が1.12倍と、かなり有利に見られている。しかし前節では大勝したものの、ここ最近の試合では不安定な戦いが続いている。特に相手ゴール前でのパスワークが鳴りを潜め、決定機の多くがショートカウンターになっているのが気がかりである。

4位のアトレティコ・マドリードはホームで13位のバレンシアと対戦。下位との対戦とあって、アトレティコの勝利オッズは1.44倍とかなり勝率が高いと見られている。優勝戦線に残っている3位セビージャはアウェイで11位アラベスと戦う。こちらも1.90倍とセビージャの勝利オッズが高く、絶対に落とせない一戦である。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です