サッカーを愛する全てのファンに
2016.09.08 » 11か月 前

バルセロナが誇る天才・イニエスタ。彼のパス・ドリブルはバロンドール級


異次元のテクニック!アンドレス・イニエスタ

iniesta

アンドレス・イニエスタ・ルハンは、スペイン出身で、リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属のサッカー選手。スペイン代表にも召集されている。ポジションは主にMF。スペイン人選手として史上最大の31タイトルを獲得した、まさに「スペインの至宝」とも言えるスーパースターだ。

FCバルセロナの下部組織寮に入団した頃は、守備的ミッドフィールダーを務めることが多かった。しかし、優れたボディバランスや精密なボールコントロールなどを評価されて、攻撃的ミッドフィルダーに転身している。

グアルディオラも認めた才能

U-15チームでイニエスタがプレーしていた頃、当時トップチームでキャプテンを務めていたグアルディオラが「今まで見た中で最高の選手」と記した写真をプレゼントしたという逸話がも。グアルディオラは若手有望株だったMFシャビ対して

「じきにお前は俺を引退に追い込むだろうが、あの坊や(イニエスタ)が俺たちふたりを引退に追い込むかもしれないぞ」

と語りかけたとも言われている。

超一級のプレイヤーなのに「おっさん」?

iniesta-japan

イニエスタが来日した時、その風貌から「普通のおっさん」のような印象を持たれていたというエピソードも。来日した際に電車で移動している時も違和感がまったくなかったほど。

しかし、そのプレーは超一級品。特にドリブルテクニックは異次元だと称されている。2009年のFIFA年間最優秀選手賞では5位に選ばれ、FIFAベストイレブンに選ばれるほど。それゆえ、なぜバロンドールに選ばれないのかという疑問が常に付きまとってきた。バロンドールの近年の受賞傾向を見てもメッシ、クリスティアーノ・ロナウドといった多くのゴール数を積み重ねたFWが選出されることが多いが、そういったゴールを裏で支えているイニエスタのような選手が選出されることがあっても良いのでは?とも言われている。

イニエスタのプレースタイル

イニエスタのプレーで特徴的なのはその圧倒的なドリブルスキルとキープ力、展開力。非常に派手なドリブルを連発するわけではないのだが、重心移動によるフェイントで相手をするすると抜いていき、最適なタイミングでパスを供給するプレーは常に相手の脅威となる。バルセロナでもスペイン代表でも、彼が中盤に入るかどうかでチーム全体の動きが全く変わってしまうという場面は往々にして目に付く。

一方でシュート能力はその圧倒的なパス・ドリブル能力に比べるとやや劣るか。これまでのシーズンで2桁得点をマークしたことはない。しかし勝負所での得点も数々あげており、2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝や、2010 FIFAワールドカップ決勝などで値千金のゴールを奪っている。

エル・クラシコでも活躍

2015-2016シーズンは、シャビの退団によりキャプテンに就任。11月21日のエル・クラシコでは、アウェイながら1ゴール1アシストを決めて4-0での大勝に貢献した。交代時には相手サポーターからスタンディングオベーションが贈られるなど、誰もがそのプレーに敬意を表するほどの圧倒的存在に。

故郷のアルバセテのサッカーチームであるアルバセテ・バロンピエに個人的に投資も行っており、現在は筆頭株主でもあるイニエスタ。同クラブが資金難に陥った時には個人資金による援助も行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です