サッカーを愛する全てのファンに
2016.08.17 » 11か月 前

[FIFA17] アントニー・マルシャルはマンU期待のウインガー!アンバサダーにも選出されたその実力は?


FIFA17のアンバサダーにも選出されたアントニー・マルシャル

FIFA17の4人のアンバサダーのうちの一人でもあるアントニー・マルシャル、マンチェスター・ユナイテッドの1995年生まれの若干21歳でありながら10代の選手として史上最高額の移籍金でもなこから同チームに異性、2015-16シーズンは11ゴールをマークしてそのスピードと確かな決定力で評価を一気に高めたウインガーだ。2016-17シーズン前にはチームにズラタン・イブラヒモビッチやヘンリク・ムヒタリアンなど世界屈指のタレントが来たことでレギュラーの座を確かなものにしているとは言い難いが、少ない出場機会でもゲームの流れを変えるだけの能力を持っており、年齢を考えても今後の成長が非常に楽しみな選手と言える。

フランス代表には同じくマンU所属のポール・ポグバやバイエルン・ミュンヘンのキングスレイ・コマンなど若くして頭角を現している選手も多く、黄金時代に入りつつある、いやもうすでに入っていると言っても良い。そんな中でも「アンリ二世」とも呼ばれ非常に高い評価を受けているマルシャルは、FIFA17でどんなレーティングを受けているのだろうか?チェックしてみよう。

FIFA17でのアントニー・マルシャルの能力値は?

antshony-martial

ステータスの中では目を引くのはやはりそのスピード。91の数値はウイングとして非常に魅力的であり、スーパーサブとして使いたくなる理由もわかる。魅力的なストロングポイントだ。加えてマルシャルの場合は重心の低いドリブルテクニックも大きな強みの一つであり、フィジカルも76とかなり高い。スーパーサブでの使い方も頷けると上述したものの、スタミナも80と十分に高いため、サイドの突破を何度も繰り返し相手DFを脅かすこと存在として一試合フルでプレーすることも問題ない。

確かなシュート能力

シュートステータスは79、決定力やシュート力は80を超えており、特性に「コントロールシュート」があるようにゴールに対してよくカーブの効いたシュートを放つ姿は確かに往年のフランス代表のレジェンド・アンリを彷彿とさせる。スピードで駆け上がった後も一人でゴールを奪い切る確かなシュートテクニックを持っていることがマルシャルの評価を一段も二段も押し上げていると言える。

パス能力はやや低め

ドリブルで仕掛けるプレーが多い為パス能力は全体的に低く、特にロングパスは58とかなり不安の残る数字。現在のプレースタイルであればスピード・ドリブルに偏重した能力値になることもわかるが、今後の成長の余地を考えるとこういったパスでの組み立てというプレースタイルの引き出しも持っておくとより素晴らしい選手へと成長できる可能性を高めることだろう。

 

これまでの実績を考えると評価が高すぎるとすら言えるマルシャル。もちろん、これだけの評価を受けてもおかしくない才能を幾度となく見せていることは確かであるため、これから数字でそのレーティングの正しさを証明してくれることに期待するばかりだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です