サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.16 » 9か月 前

セスク・ファブレガスはチェルシーの司令塔。有能なパサーが見せる驚異のテクニック!


セスク・ファブレガス

フランセスク・ファブレガス・ソレールは、スペイン出身。プレミアリーグ・チェルシーFC所属にするスペイン代表のサッカー選手である。愛称は「セスク (Cesc)」。ポジションはMF・FW。パス選手に優れたプレーヤーである。

セスク・ファブレガスの経歴

バルセロナのカンテラ出身

セスク・ファブレガスはFCバルセロナのカンテラ出身。リオネル・メッシジェラール・ピケらと共にプレーしたいた過去を持つ。バルサでも才能は認められていたものの、トップチームにはシャビイニエスタなどの同ポジションの存在があった。選手層の厚いバルサでは試合に出ることが不可能であったため、大会後間もなく才能に惚れ込んだアーセナルが彼を獲得した。

アーセナルに移籍

2006年にプレミアリーグでアシストランキング1位に輝き、「2006年UEFA.comユーザーが選ぶベストイレブン」に、唯一10代で選ばれた経験を持つ。2008年11月29日のFCディナモ・キエフ戦からはウィリアム・ギャラスに代わってキャプテンに就任。アーセナルではクラブ史上2番目の若さとなるキャプテン就任であった。

バルセロナに移籍

2011年夏の移籍市場で、ユース時代に所属していたFCバルセロナへと移籍。移籍金は最で約43億円だといわれている。開幕から本来のポジションとは違うセンターフォワードを任されながらも、3試合連続ゴールを決めるなど絶好のスタートを切った。同年に日本で開催されたFIFAクラブワールドカップ決勝でもゴールを奪っている。

チェルシーに移籍

2014年に古巣アーセナルのライバル・チェルシーへと移籍。開幕戦からボランチとしてレギュラーに定着すると、リーグ最多の18アシスト、2236本のパス成功を記録。移籍初年度からプレミアリーグの優勝を飾った。

セスク・ファブレガスのプレースタイル

セスク・ファブレガスはスペースへボールを出す動きがうまい選手。視野が広く、味方選手に多彩なパターンでパスを出せる世界屈指のパサーである。チェルシーに移籍してからはプレースタイルがフィットしているようにも見え、長短のパスを繰り出すことで攻撃の起点となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です