サッカーを愛する全てのファンに
2016.09.04 » 1年 前

マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリードで活躍してきたC・ロナウドの歴史


マンU時代、そしてレアル・マドリード時代でプレースタイルに違いはあるのか?

クリスティアーノ・ロナウドはリオネル・メッシと並び毎年バロンドール候補に名前のあがるFW。現在所属のレアル・マドリードでは左ウイングとしてプレーしているが、そのスピード、フィジカル、シュート力、そしてテクニックとどれをとってもハイレベルな選手だ。

そのキャリアはプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで始まった。現在も同チームでプレーしているウェイン・ルーニーとともにプレーし、黄金期を支えたライアン・ギグスらのプレーから学びながら成長していった。マンU時代にはシザースのようなフェイントを数多く仕掛ける場面が目立ったが、レアル・マドリードに移籍してからはそう言ったドリブルでの仕掛けはここぞという場面で使うようになった印象がある。

サッカーファンの皆さんはマンU時代とレアル時代、どちらのクリスティアーノ・ロナウドのプレースタイルが好きだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です