サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.15 » 1年 前

チェルシーを引っ張る天才ドリブラー・アザールの爆発力は桁違い!


小柄な天才ドリブラー「エデン・アザール」

エデン・ミハエル・アザールは、ベルギー出身。プレミアリーグ・チェルシーFCに所属するベルギー代表のサッカー選手である。両親ともにプロサッカー選手であり、筋金入りのサッカー家系に生まれたサラブレッドだ。

アザールのポジション

ポジションはFW・MF。ベルギー代表のエースであり、小柄ながらテクニック溢れるドリブル、そして高い得点能力で多くのサッカーファンを魅了する選手だ。カットインからのシュート、展開が大きな武器であるため主に左ウイングでプレーすることが多い。

アザールの経歴

プロキャリアをスタートしたのはリール。2007年のASナンシー戦でリーグ・アンデビューを果たし、2008-09シーズンはベルギー人として初めてリーグ・アンの最優秀若手選手賞を受賞した。翌2009-10シーズンも最優秀若手選手賞を再度受賞。2度の受賞は史上初であった。

2010-2011シーズンになると、リールの2冠に貢献する活躍で、リーグMVPを受賞。また、2011-12シーズンからは背番号10を背負いリーグ3位の得点・リーグ首位のアシストを記録するなど大暴れ。こちらも2年連続でリーグMVPに輝いている。

2012年になると、アザールの獲得を求めて欧州のビッククラブが奔走。マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティなど、強豪クラブへの移籍が噂された。その中でアザールは、自身のSNSで「欧州チャンピオンズリーグ王者と契約する」と表明。最終的にはチェルシーFCへ入団。 移籍金は約39億円で5年契約であった。チェルシーは、アザールがユースの頃から獲得を目論んでいたと言われている。

プレミアリーグへの順応は早く、開幕から3試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選出。移籍翌年の2014-2015シーズンでは、リーグ戦37試合に出場し14得点8アシストを記録。クラブはリーグ優勝を獲得し、自身はバークレイズプレミアリーグ年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞に輝き、個人タイトルを総ナメにした。

アザールのプレースタイル

アザールのプレースタイルの中で特筆すべきは、ドリブルである。緩急のある動きが特徴的で、トラップした後にすぐさまトップスピードに切り替えて相手DF陣を切り裂くシーンが度々見られる。キレのある動きでサイドから切れ込み、そのままシュートを決められるのも彼の魅力である。

小柄ながらフィジカルで劣ることもなく、あたりの強いプレミアリーグでも存在感を発揮している。2015-16シーズンは自身・チームともに不振を極めたものの、再び好調を取り戻した2016-17シーズン、得点数が上がっていけばレアルをはじめとしたビッククラブから再び声がかかるのは間違い無いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です