サッカーを愛する全てのファンに
2016.07.08 » 1年 前

EURO2016事実上の決勝戦?王者ドイツ対開催国フランスの結末とは…?


EURO2016の再注目カード「ドイツ vs フランス」

日本時間7/8未明に行われたEURO2016の準決勝、今大会の優勝候補筆頭と言われていたドイツとフランスがここでぶつかることとなりました。お互いに選手の出場停止・怪我などでスタメンに変化がありましたが、歴史的にも因縁の深い2国はどんな試合を見せたのでしょうか…?

お互いの特徴が出た準決勝

序盤から早いパス回しでゴールに迫るドイツですが、FWのマリオ・ゴメスを怪我で欠いた影響もありなかなかゴールを決めきることはできません。フランスのGKロリスも安定したセーブを連発。一方のフランスは耐える展開が続きましたが、前半アディショナルタイムに試合は動きます。エヴラの放ったシュート性のボールにドイツのシュバインシュタイガーが手で触れたとして、PKがフランスに与えられ、これを現在今大会得点王であるグリーズマンが沈めて一点を先制します。

後半に入るとドイツのボアテングが負傷交代し、DF陣に不安を残した状態でゴールを狙わないといけない状況になります。ゲッツェを投入してその攻撃への意志を見せましたが、次の1点を奪ったのはフランスの方でした。
敵陣でボールを奪ったポグバが一瞬の切り返しから放ったクロス、なんとか弾いたノイアーを尻目にこぼれ玉を押し込んだのはまたもグリーズマンでした。2-0としたフランスに対し、猛攻を見せるドイツでしたが、結局試合はこのまま終了。2-0でフランスの勝利となりました。

EURO2016決勝は7/11

これによりEURO2016の決勝は7/11、ポルトガル対フランスというカードで行われることが決定しました。長く続いたこの大会ももうすぐ終わりと思うと寂しいですが、栄冠を手にするのはどちらなのか、楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です