サッカーを愛する全てのファンに
2016.09.21 » 9か月 前

シュートを外しすぎて「師匠」と呼ばれた男・フェルナンド・トーレスのスーパープレイ!!


欧州屈指のスター選手、フェルナンド・トーレス

フェルナンド・ホセ・トーレス・サンスは、スペイン・マドリード州フエンラブラダ出身のフォワード。現在はリーガ・エスパニョーラ・アトレティコ・マドリードに所属している。元スペイン代表選手。

リヴァプールに所属していた2007-08シーズンでは、1シーズンで24得点をあげるなど目覚ましい活躍を見せたことからプレミアリーグを代表する選手として大きな注目を集めた。UEFA EURO 2004、2006 FIFAワールドカップ、UEFA EURO 2008、2010 FIFAワールドカップ、UEFA EURO 2012、2014 FIFAワールドカップの6つの主要大会にスペイン代表として召集されたスーパースターであり、UEFA EURO 2012ではベンチスタートが多かったために出場時間が短かったものの、3得点1アシストを決めて大会得点王に輝いた実績を持つ。

いつしか師匠と呼ばれる選手に…。

目覚ましい活躍を見せていたトーレスであるが、チェルシー時代にネタとしか言いようのない暗黒時代がある。デビューから初ゴールをあげるまでに要した時間は「903分間」。クリス・サットンの記録を抜いて、クラブワーストという不名誉な記録を打ち立てたのだ。

プレミアリーグ新記録となる巨額の移籍金で移籍してきたのにもかかわらず、それはそれはシュートを外す。彼はもはや一周回って「師匠」という皮肉めいたニックネームまでつけられてしまう羽目に。

古巣アトレティコに復帰して爆発


古巣アトレティコに復帰してからは、暗黒のチェルシー時代のプレーを払拭するかのような活躍を見せていることでも話題だ。2015-16シーズンには、アトレティコマドリー ドでの通算100ゴールも決めている。

ルックスの良さはサッカー界随一

サッカー選手としては活躍した時、不遇の時と様々だったトーレス、しかしそのルックスは全く陰る事がない。モデルのように整った顔とまるで王子様のようなブロンドヘアー。世界中の女性ファンを夢中にさせてきたことは言うまでもない。

 

全盛期と比較してしまうと、もっと活躍できるのではないか?という声もファンからはあがるが、バロンドール候補にもノミネートされた経験を持つスーパースターであったことを思い出して欲しい。誰だって笑って忘れたくなるような過去を持ってるもの。トーレスには、息の長い選手としてこれからも活躍して欲しいものだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です