サッカーを愛する全てのファンに
2016.08.26 » 11か月 前

[FIFAシリーズ] “ディフェンス”力を向上させ、失点を無くすには?


守備の基本を押さえる

  1. チームの守備を整える
  2. 忍耐強くプレイ(闇雲に飛び込まない)
  3. タイミングを合わせタックル or スライディング

ディフェンスがズレることにより相手のパスが通りやすくなるので、まずはチームの守備が整っているかを確認する。また、闇雲に飛び込むことで整えたディフェンスがズレるので、忍耐強くタイミングを見計らうことが重要となる。じっとタイミングを待つことで相手の方から近付いてくるので、タイミングを合わせタックル or スライディング。スライディングやダッシュは体力を減らす速度を早めるので、基本はスタンディングタックルを心掛ける。(スライディングはシュートブロックや確実なタイミングの時のみに行うようにする)

上記3項目を意識するだけでも、ディフェンス力はかなり向上するはず。

基本に加え実用的な4つのテクニック

  1. 味方を使った囲い込み(R1ボタン長押し)
  2. 選手をスライド(L2ボタン長押し、L2とR2を使うと高速スライドが可能)
  3. プッシュで相手の走りを邪魔する(並走時に◯ボタンをタップ or 長押し)
  4. スライディングタックル2度押しで素早く立ち上がる

R1ボタンを長押しすることで、味方ディフェンダーがボールを持った相手に対してプレッシャーをかける(ディフェンスがズレるので乱用は厳禁)。L2ボタン長押しすることで、選手をスライド(横移動)させることができる。この動きを駆使することで相手に抜かれにくくなり、クロスを防ぐことも可能。並走時に◯ボタンをタップ(or 長押し)すれば、相手の走りを邪魔することができる。多用するとファウルがかさみ、FKのチャンスを与えることになるので注意が必要。スライディングタックルでボールを奪えなかった時は、2度押しを使い素早く立ち上がることで穴を失くすことができる。
あとは、カスタム戦術などを駆使して、深いディフェンスラインを組成したりすることで、失点の幅が小さくなっていくので、是非試してもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です